FC2ブログ
・・・

5 Comments
追記・訂正いたしました。m(_ _)m

2010年10月18日の記事の中で触れていました885系の床下の棒は何だろう?・・・の続きです。
20101017

その後、私は博多駅で883系の車両の間も見てみました。
20101019

やはり、885系と同じような棒があります。
20101019

気になる、気になる、気になる・・・そんなところへ787系がやってきました。
20101019 20101019

あれ?無い・・。ありません。
ここだけかなと思って、他の部分も見てみたのですがやっぱりありませんでした。
なぜ?どうして?この時、私は単純に「あ、もしかするとあの棒は振り子式の車両だけについているのかも。」なんてとんでもないくらい間違ったことを考えてしまいました。←すみません、これは私の大間違いです。知識が無いゆえ、単純にこんな推測をしてしまうという・・・。
みなさん、すみません・・。m(_ _)m
20101019

【訂正】あの棒は車端ダンパで←棒はつないでいるだけのものでした。私がきちんと理解していないまま書いてしまってすみませんでした。m(_ _)m
実は、車体に直接「車端ダンパ」というものが取り付けられていて、この棒でつないであるそうです。
一般的には幌の上についているケースが多いということを、前記事を見てくださったONDA201さまから教えていただきまして(ありがとうございます。m(_ _)m ・・・)、急いで写真を探して見てみると・・・
ありました!幌の上についていました。
20101019

しっかりついています・・・。
20101019

ここで、車端ダンパのことを調べてみました。
この部品の役目は・・・高速運転する時に各車両で横揺れが発生するので、それを吸収して乗り心地を良くするということです。
(横揺れを防ぐのにヨーダンパを取り付ける・・ということは、過去に台車のことを調べた時に知ったのですが、車端ダンパは各車両の間につけるのですね。)

この棒を取り付けることで乗り心地が良くなる・・・本当にすごいなって思います。

気になっていたことがわかった時、そして少しだけ理解できた時・・・
車両に、そして鉄道に近くなれたような気がして、本当にうれしくなります。
関連記事
sara
Posted bysara

Comments 5

There are no comments yet.
ベルニナ  

こんばんはー。
小倉工場まつり、楽しそうですね(^^♪
フリーゲージトレインは、その成否が九州新幹線・長崎ルートが実現するかどうか左右する...と新聞で読んだことがあります。
技術的には大変なことだとは思うのですが、でも実用化されれば九州だけでなく、全国のいろいろな箇所でも活躍することができるのではないでしょうかね。
(新幹線からそのまま在来線へ入っていけるって、やっぱり凄いことですよね。)

ダンパーのことは、今まで全く気付いたことはありませんでした(^^ゞ
今日の記事を読ませていただいて、なるほどー...と感心しております。

885系など九州の車両たちには、どうかゆっくりと関東へまた遊びに来て欲しいです(^^)
そして、多くの人に乗って欲しいなぁと思います。
九州の列車はルックスももちろん良いのですが、何といっても実際に乗ってみないと、その本当の魅力の半分も分からないと思います。
(また乗りたいなぁ~♪)

2010/10/19 (Tue) 22:18 | EDIT | REPLY |   
sara  
ベルニナさま、こんばんは

フリーゲージトレイン・・・いろいろと大変なようですが、きっといつかは夢と希望をのせて走ってくれると思います。
実現するといいですよね。

車端ダンパのこと・・・すみません、私はあの棒のことをダンパと書いてしまいましたので先ほど訂正しました。
ダンパは車体に直接くっついていて、棒はつないであるだけということです。
今回、この棒がとても気になっていたのですが、何なのかがわかって本当に嬉しく思いました。これからもしっかりと見てゆきたいなって思います。

私も久しぶりに885系に乗車して、ちょっと感動してしまいました。やはり乗り心地がいいです・・。座っていて本当に疲れないです・・。

2010/10/19 (Tue) 23:24 | EDIT | REPLY |   
AKKUN  
こんなところに

付いていたんですね。気がつきませんでした。

saraさまこんばんは。

振子車両だから付いていないのかな、と思っていたんですが、やっぱり横揺れはしますよね。130㎞/hで走るし。

振子車両の場合、車両上部は振子作用時の偏倚が大きいので、車体下部に付けてあるんでしょうね。
さすが、すばらしい観察眼です。よく発見されましたね。
またひとつ勉強になりました。ありがとうございます。

先日、息子に本物の新幹線を見せてやりました。JR九州の特急群もいつか見せてやりたいです。

2010/10/19 (Tue) 23:50 | EDIT | REPLY |   
やっぱり鉄道  

おはようございます。
以前、急行能登に489系が使用されていた頃、間合い運用のホームライナーを上野駅で見ていたら、駅員さんが、
「編成の数を変えるとき、この棒(ダンパ間の棒)硬くて、冬はしびれたよな・・・」と話されていました。
先頭車同士の連結ではダンパはないので、このほうが、作業する方も楽になったのでしょうね。

連結器下のダンパは初めて見ました。背が低い分、下のほうが重厚ですね^^

2010/10/20 (Wed) 08:16 | EDIT | REPLY |   
sara  
AKKUN さま、こんばんは

そうですよね、やはり横揺れしますよね。
今回の発見は、いろんな意味でとても嬉しかったです。
今の気持ちを表現すると・・・発見⇒(・・?!??⇒記事⇒( ^ ^ )Y ・・・このような感じです。

息子さん、新幹線デビューですね。
JR九州の列車たちも待っていますので、いつかまた九州にいらしてくださいね。

やっぱり鉄道さま、こんばんは

ダンパの付け外し作業は大変・・ということも教えていただいていたのですが、この棒は硬いのですね。冬はしびれるほどに・・。

私も車体の下にダンパがあること・・・今回初めて知りました。
これまでにもいろんなところを見ているつもりでしたが、気がつかなくて・・。
もっと観察すると、いろんな発見が出てくるかも・・・ですよね。(^^)

2010/10/20 (Wed) 22:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply