sara

sara

過去に門司港駅を訪れた方がこの写真をご覧になられたとしたら・・・
「あれ?」・・・そう思われるかもしれません・・・。
旅立ちの鐘/幸福の泉
(ちなみに・・2009年5月の写真はこちら・・・です。

それは・・・
旅立ちの鐘/幸福の泉
旅立ちの鐘/幸福の泉

明治24年に開業し、九州の玄関口として、石炭や米等多くの物資をはじめ、本州や中国大陸へ渡る人の輸送駅として大いに繁栄した門司港駅。
現在の門司港駅は大正3年に建てられ、昭和63年に駅舎としては初めて国の重要文化財に指定されました。
この門司港駅で、大正3年の新駅舎開業以来列車の出発時に「出発合図の鐘」として使用され、昭和には「安全の鐘」として、お客さまの安全を見守ってきた鐘があります。
時代は平成に移り、この鐘は「旅立ちの鐘」として、結婚、進学、就職などを期に、鹿児島本線の起点である門司港駅から旅立って行くお客さまを見守るという願いを込め、この場所に蘇りました。
旅立つお客さまの夢や希望が流れ込む「幸福の泉」の脇でその実現を願い、「旅立ちの鐘」は
門司港駅から旅立っていくお客さまをやさしく見守ります。

Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/09/30 (Thu) 23:58 | EDIT | REPLY |   
sara  
匿名さま、こんにちは

コメント、ありがとうございます。
こちらの鐘・・・数人の方が鳴らしていらっしゃったので
私も・・・そう思っていたのですが、ED76の撮影と次は鉄道記念館へ急がなくては・・・と
焦っていたので、鳴らせないまま帰ってきてしまいました。残念・・・。
門司港駅・・・歴史ある駅ですが、訪れる度にココロがときめくような感動がありますね。
是非・・また九州にいらしてくださいね。

お知らせありがとうございます。
>身近で撮った写真・・・
実は、私にとってはそんな身近なお写真を拝見させていただきたかったりします・・。

昨夜は「Imagine」を聴きました。
閉館だったのですね・・・( p_q) ・・・。

2010/10/01 (Fri) 14:41 | EDIT | REPLY |   
F02  

いつの間にかこのようなものが・・・
門司港へ帰った折には一度見てみたいです。

こちらでは似たような物として、伊豆急下田駅の「ブジカエル像」や上野駅の石川啄木の和歌碑がありますが、何れも旅立ちではありません(前者は「無事帰る」、後者は「訛りを懐かしむ」)ので、私には少し新鮮に感じます。

2010/10/02 (Sat) 18:16 | EDIT | REPLY |   
sara  
F02さま、こんばんは

コメント、ありがとうございます。

実は私も、「あれ?いつ設置されたのだろう・・?」そう思ってしまいました。(^^;

この駅から旅立ってゆく・・・
そうですよね、なんだかとっても新鮮ですね。(^^)
撮影した時は、時間にも気持ちにも余裕が無かったので
今度訪れた時には、鐘を鳴らして旅立つ気持ちになりたいです。
いろんな意味を込めて、旅立ちたいです・・。

2010/10/02 (Sat) 22:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply