FC2ブログ
・・・

4 Comments
その車両にあうために、潮風号に乗りました。
潮風号

風がとても心地よかったです。
潮風号 潮風号

私のお気に入り・・・・。トンネルの中に入ると、本当にきれい・・・。
(門司港にお越しの際は、是非乗車してくださいね。)
潮風号

そして、終着駅。

車両には 「かんもん号」・・・素敵な愛称がつけられていました。

かんもん号

2年前の夏、別の場所で見た時のことを考えると、まるで夢のようでした。
そして今・・・車内からこんな風に海を眺めることができるなんて・・・。
かんもん号

こんなに・・・
「かんもん号」・・

きれいになりました。
「かんもん号」・・

一緒に・・・中に入りましょう・・。
「かんもん号」・・

次の記事では、飴色の輝きの車内をご案内いたしますね。(^^)


2008年に勝山公園で見た時は、このような状態でした。
そして、こちらは2009年、和布刈公園にお引越し後。
関連記事
sara
Posted bysara

Comments 4

There are no comments yet.
ベルニナ  

こんばんは。
門司港へ出かけることができたのですね(^^)
秋の空気に入れ替わって、潮風もとても爽やかそうです♪
潮風号でトコトコ走って、終点ではEF30の1号機が待っているのですね。
もう走ることはできなくなりましたが、でもこうしてたくさんの人たちに親しまれている。
しかも、関門海峡で。
EF30にはピッタリの場所ですね。

欲を言えば(笑)...
ここに九州鉄道記念館のサテライト施設として簡単な(でも恒久的な)施設を作り、
関門海峡の連絡(船・鉄道)の歴史を紹介するような場所にするともっと良いかなぁと思います。
それらを潮風号で結ぶなんて、楽しくないでしょうかねぇ~?(^^ゞ

続きの記事も楽しみにしております(^^)

2010/09/29 (Wed) 18:03 | EDIT | REPLY |   
sara  
ベルニナさま、こんばんは

コメント、ありがとうございます。
ED76の三重連を見に行った時に、潮風号にも乗車してきました。
客車のオハフ33は、とても美しくなっていました。車内は、まるで飴色の輝き・・。
(いつの日か、できればEF30も・・・。)

実は、私も同じことを思ったりしています。
できれば・・できれば・・・これまで活躍してくれた機関車たちも一緒に・・・。

次の記事では、オハフ33の車内をご紹介しますね。

2010/09/29 (Wed) 19:24 | EDIT | REPLY |   
F02  

潮風号の天井演出、綺麗ですね!
こちらでは伊豆急2100系に同様の演出をする車両で「サロ2180形」が存在し、こちらには「スターダストルーフ」という愛称(?)が付けられているのですが、車号から分かるようにグリーン車で特急運用時しか連結されないため(平日は普通列車としてサロ2180を脱車して運行)、一往復500円で演出が楽しめるなんて羨ましい・・・

他の記事も見せてもらいましたが、私が前回門司港へ行った時(2005年)とは大分変わっているようですね。オハフ33も再整備が行われて喜ばしい限りです。次回九州に行く機会があったら、訪れてみようかな・・・と思っています。

全然関係ないですが、昨日京急川崎駅で電車を待っている際に入線警告音の「上を向いて歩こう」を聞きました。SHシリーズと同じ塩塚氏のアレンジですが、発車メロディとはまた違った雰囲気にアレンジされています。
YouTubeなどで京急の塩塚メロディーが聞けますので、一度聞いてみては如何でしょうか。

2010/09/29 (Wed) 21:59 | EDIT | REPLY |   
sara  
F02 さま、こんばんは

コメント、ありがとうございます。
昨年、初めて潮風号に乗車した時にトンネルに入った瞬間・・車内がまるで水族館になったみたいで感動しました。
今回は2度目でしたが、やっぱりきれいだなって思いました。(^^)
そちらにも同じような演出をする車両があるのですね。
潮風号・・短い区間ですが、往復500円で楽しめますよ。

オハフ33・・このように美しくなって、そしてまたたくさんの方が訪れてくださって良かったなと思います。
九州にお越しの際は、是非門司港にもお立ち寄りください。

入線警告音の「上を向いて歩こう」・・聞いてみます。
お知らせしてくださってありがとうございました。m(_ _)m

2010/09/29 (Wed) 22:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply