FC2ブログ
・・・

4 Comments
私が門司港駅に着いた時には、カメラを持って準備してあった方は2~3名ほどでした。
改札口の方を見ても、その反対方向も・・・いつものような静かなホームの様子・・・だったのですが、10分経つごとにホームには人がいっぱいになってきました。
(緊張・・というより、人が多くなればなるほど柱のカゲに隠れたくなってしまう気持ちになる私です・・。)
2010年9月25日ED76三重連  門司港駅  2010年9月25日ED76三重連  門司港駅 

「きたぞ!」っていう声がどこからともなく聞こえたと共に、気がつくとホームにはどっと人の波が・・・。←この様子は次の記事で・・。
ED76の三重連を初めて見てドキドキ・・1枚だけでもいいから入線してくるところをきちんと撮影したかったのですが、直前に(ここでは書けない)( p_q) ・・・・・ああ・・切れちゃった・・・。だけど、後ろに小さくお顔の白い帯が写っているのでよいのです・・・そして、自分の目にしっかりと焼き付けましたから・・。o(*^^*)o
2010年9月25日ED76三重連  門司港駅 

ここから急展開で、気持ちも一緒に走ります。
2010年9月25日ED76三重連  門司港駅 

走っては止まり、走っては止まり・・・客車の確認・・・。
そういえば、過去にスハネフ14はスハネフ15と共にはやぶさ、富士の先頭、最後尾に使用されるということを聞いていました。(今回は、先頭がスハネフ15-20、最後尾がスハネフ14 101。今回、逆から確認しています。)
2010年9月25日ED76三重連  門司港駅 

そして、ここで・・・目の錯覚かな?帯の色が違うように見えます。
右側のスハネフ14は白、左のオロネ15は・・最初は白い帯が汚れているのかと思いましたが、振り返ると過去に見たカニ24 6の帯の色も白ではなかったはず・・・。
2010年9月25日ED76三重連  門司港駅 

そして、もう一つ気になったのが、↑と↓の写真を見てみると、こちらの色の帯は塗ってあるのではなくて・・どのように表現したらよいのでしょう・・・板みたいなのでとめてあるのかな(・・?!??ところどころに切り目があるように見えます。

2010年9月25日ED76三重連  門司港駅 
次はオハネ15-3。
2010年9月25日ED76三重連  門司港駅 
↓スハネフ15-20。
2010年9月25日ED76三重連  門司港駅 

客車の帯の色・・・過去の鉄道ファンを見てみると、金色もあるのですね。(すると・・上のオロネ15-3006は銀?本を見ると、オロネ15-3000の写真は帯が銀色みたいです。)
客車の帯の色の違いには何か意味があるのでしょうか・・・。今頃になって気がついてしまったというか、気になっている私です。
2010年9月25日ED76三重連  門司港駅 

ED76の三重連・・・なのに、4回も客車のお腹の真ん中で立ち止まり、考え込んでしまいました。
どうしよう、時間がありません。(汗)
急がなくては・・・走らなくては・・・。(汗)
2010年9月25日ED76三重連  門司港駅 

そして、「あさかぜ」のヘッドマークをつけた凛々しいお顔をしっかりと見なくては・・・!

電柱が真ん中に、そして左隅にはバケツとホウキも一緒に記念撮影。
本当に・・・私らしい落ち着きのない写真です。m(_ _)m
2010年9月25日ED76三重連  門司港駅 

閲覧してくださった方へ。これから先の写真も期待しないでくださいね。m(_ _)m
実は、前日まで門司港に行けるとは思っていなかったので、当日は駅のブログを始めた当初のように水分も摂らずに用心して出発。
気温が高くなかったので、本当に助かりました。
(そして、今日は久しぶりの日曜日のお休みでカラダも少し回復・・・。)
関連記事
sara
Posted bysara

Comments 4

There are no comments yet.
schnitzer  

最後の写真、格好良いです。
バケツとホウキもED76と一緒に写って幸せそうです(笑)
ED76にはヘッドマークがよく似合いますね。

2010/09/26 (Sun) 13:41 | EDIT | REPLY |   
sara  
schnitzerさま、こんにちは

ありがとうございます。(^^;

大慌てというか、画像の整理をしていてバケツとホウキに気がつきました。
たくさんの方がいらっしゃる中での撮影は、大変なものなのですね。
今回、実感しました。(いろいろと・・・。)

>ED76にはヘッドマークがよく似合いますね。
私もそう思います。(^^)
コメント、ありがとうございました。m(_ _)m

2010/09/26 (Sun) 17:06 | EDIT | REPLY |   
line  

イベント列車の撮影に行かれたのですね。体調も良くなられたようで安心してます。
客車の帯ですが、初期の3段式寝台で登場した車両は白の塗装帯で、その後の2段式寝台で新製されたタイプから銀の帯に変更されました。当初は関西ブルトレだけでしか見られないタイプでしたね。
金の帯になったのは「あさかぜ」がグレードアップの対象となり、リニューアルされた際に外観も差別化するため金色が使われたようです。

2010/09/26 (Sun) 19:19 | EDIT | REPLY |   
sara  
lineさま、こんばんは

今頃になって気になってしまった私です。

帯色の違いにはそのような意味があったのですね。
(帯の色の変化にも歴史があるのですね。)
教えていただいてありがとうございました。m(_ _)m

2010/09/27 (Mon) 19:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply