FC2ブログ
・・・

4 Comments
先日、「そのお鼻の先には・・・」という記事を書いていましたが、その後コメントにて情報をいただきまして、500系のお鼻の先に見えたもの(下の画像)はループコイルというものらしく、いろいろと調べてみるとATCのことに繋がったので、今回はそのことについて書いてみたいと思います。
実は、過去にATSのことを調べた時にATCとの違いがよくわからなくて、気持ちの中で飛ばしてしまったところがありました。
今回は、500系のお鼻のことから思いがけずに見つけたもの・・・そこからATCのことをもう一度調べる機会ができてよかったなと思っています。
もしも間違ったことを書いていましたら申し訳ありません。m(_ _)m その時は、ご指摘していただけるとありがたく思います。
03 03

※ATC・・自動列車制御装置
列車が許容速度を上回ると自動的にブレーキをかけ、制限速度以内にするシステム。
新幹線は高速走行のため在来線のように信号機を目視しながらでは確認が難しいので、開業時からATCが採用されているそうです。
・・・ここで今更ながら・・本当ですよね、270km/hで走っていて、線路脇の信号機を確認するということは困難ですよね。
※ATCのしくみ
ATC装置・・・地上装置がレールへ電気信号を流し、車上装置がそれを受信することによって両者間で信号が伝達されます。(車上ATCユニットは車両の先頭部に設置。)

送られてくる信号は、速度信号(東海道新幹線の場合)270、255、230、220、170、120、70、30信号(数字は速度)と、01信号、02信号、03信号の停止信号。
そして、ここからが私の気になっていたことです。
私が撮影した場所は、博多駅の新幹線ホーム・・ということは、線路に設置してあるのは停止信号を発信しているループコイル・・。だけど、01、02、03・・・この3つの中のどの信号を発信しているのだろう?
01信号は、前方の閉塞区間に列車がいるとき。
02信号は、軌道回路に電流が流れていないとき。
03信号は、すぐに停止させなければならない絶対停止信号。
・・・・・・・・ということは、上のループコイルは03信号を発信しているのですね。

ここまで書いておきながら、本当にATCのこととして書いてよかったのかな・・と不安にも思っていますが、今回は間違ってもいいから勇気を出して書いてみたい気持ちでした。
何度も同じことを書いて申し訳ないのですが、間違っていたら本当にすみません。
2010年は、前向きに歩いてゆきたい・・・その第1歩の記事です。

                     「新幹線のしくみ」「鉄道のしくみ」を参考にいたしました。
関連記事
sara
Posted bysara

Comments 4

There are no comments yet.
南八尾電車区  
ループコイル(絶対停止地上子)・・・

 おはようございます。

 リンクとして貼られている、過去掲載の記事も併せて拝見してきました───停車中の500系の鼻先に見えたループコイルに惹かれたのだそうで・・・
 私も新幹線ホームから見える、新幹線線路に埋設(?)されている各種地上子を眺める度に、ああ今私は新幹線のりばに立っているんだな、等と感慨深げに想ってしまうところがあります《勿論新幹線車両そのものを眺めていても実感しますが…》。

 写真にて紹介されているループコイルも然り───saraさんの仰るとおり「03信号」発信源で正解です〔絶対停止信号。信号現示が変わらない限り進行不可;今更私が言うまでも無いことかも知れませんが…〕。

 ただ、東海道新幹線では既にデジタルATC(ATC-NS)への更新を済ませていて、将来的には山陽新幹線区間にもこのATC-NSに置き換えられるとの話があります。
 尤もその具体的な時期についてはまだ公式な発表はありませんが、このループコイル等はどうなるのか、気になっています《このあたりは現在の東海道新幹線の線路をじっくり見ればある程度推測出来そうなものですが、あいにくそこまで出来ていませんので…》。

2010/01/12 (Tue) 10:22 | EDIT | REPLY |   
sara  
南八尾電車区さま、こんばんは

新幹線ホームでは線路も見ていたはずなのに・・・ループコイルのことには今回初めて気がついた私です。(500系のお鼻に感謝・・。)
だけど、写真を撮ってきたものの、「どうやって調べたらいいんだろう??」かなり悩みました。
そして、これがループコイルかも・・という情報を教えていただいてから本やネットで調べてみると
ATCのことに繋がってきたので記事を書いてみました。←かなり不安なままでしたが・・。

写真のループコイルは「03信号」を発信しているのですね。
よかったです・・・なんだかホッとしました。

デジタルATC・・最初はよくわからなかったのですが、先ほどもう一度本を読んでみて少し理解できました。
従来のATCは、速度信号を超過すると自動的にブレーキがかかるシステムだけど、デジタルATCは停止パターンを演算や検索で導き出して、一段ブレーキ制御を行うことで乗り心地の向上と停止距離の低減を図れる・・・のですね。
従来のATCが地上主体システムで、デジタルATCは車上主体システム・・ということは、南八尾電車区さまが書いていらっしゃいますように、ループコイル・・・どうなるのでしょうね。(・・?!??私も気になります。

コメント、ありがとうございました。m(_ _)m

余談ですが・・・
今日の福岡は大雪・・・なのです。v-276v-276

2010/01/13 (Wed) 20:20 | EDIT | REPLY |   
虎  
軌道回路と言えば...

こんばんは。

ループコイルと軌道回路で思い出したのですが...

以前話題になっていた列車防護スイッチですが、
これを押しますと軌道回路の信号が遮断されて、信号のない状態になります。
信号のない状態では列車は走れないという事で、列車は停まる仕組みになってるそうです。

博多総合車両所で、防護スイッチの辺りにいらしたJRの方から伺いました。

遅ればせながら、ご参考までに。

2010/01/13 (Wed) 22:56 | EDIT | REPLY |   
sara  
虎さま、こんばんは

列車防護スイッチを押すと軌道回路の信号が遮断される・・・
そうだったのですね。
信号の無い状態になる・・だから列車は走れない・・・
教えていただいてありがとうございました。m(_ _)m
虎さま・・すごいです・・。
防護スイッチのことから軌道回路についてご質問されたのですね。
私は、防護スイッチって何だろう??というのと、これはどこに設置されているんだろう??
この二つしか頭になくて、それだけを必死になって質問してしまいました・・。(汗)

余談ですが・・・
福岡は今日も雪で・・・仕事から帰ってきて子鉄と二人で
バルコニーの雪下ろし(http://cibisia.jugem.jp/?eid=759)をしなければならないほどの積雪でした。v-276v-276

2010/01/14 (Thu) 22:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply