sara

sara

これから数回の記事は、知識の無い私の呟きのような記事になりますので
みなさま、どうぞスルーしてください・・・。m(_ _)m  m(_ _)m  m(_ _)m
だけど、何かお気付きの箇所がありましたら・・・教えていただけるとありがたいです・・。
おまけに・・・苦しい言い訳なのですが・・。(汗)
やっと通院が減って喜んだのも束の間、仕事がとても忙しくなってしまい・・・休日出勤も続くような状況で・・・だけど、やっぱり更新したい気持ちがいっぱい・・・なので、(最近、思考回路もマヒしてるみたい)記事の内容におかしなところがあるかもしれませんが、どうかお許しください。
前回の記事の続きです。
EF81 402 と ED76 1011・・・あれ、もしかすると・・・
20091025 ED76 EF81
ED76が動き始めました。
20091025 ED76 EF81
そして、EF81と連結しようとしています。
この時、私はED76とEF81の重連ってあるの??(・・?!??そう思ってしまったのですが、この時はそうではなくて・・・
20091025 ED76 EF81
動いているところなのですが・・・
20091025 ED76 EF81
EF81はパンタグラフが二つとも下がってて
EF81パンタグラフ・・・下がってる
ED76は片方だけ上がってる・・・ということは、ED76がEF81を牽引してるということ・・・
20091025 ED76 EF81
そして、そのまま安全第一・・・の建物の右側の中へ入って行きました。
少しの移動でも連結した方がいいのかな・・・それともそのまま重連で走る前だったのかな・・
なんていろいろ考えてしまった私でした。
だけど、ED76とEF81の重連ってあるのかな・・・気になった私は、検索して調べてみました。
すると・・・http://www.youtube.com/watch?v=qqVqeIVn-X8
走っているのですね・・。
他のサイトの記事を見てみると、なかなかお目にかかれない光景なのだとか・・・。
この時は、ただ移動していただけなのかもしれませんが、ED76とEF81の仲良しの瞬間を初めて見た私でした。
20091025 ED76 EF81

2009年10月25日 北九州貨物ターミナル駅の一般公開にて。

電気機関車の記事・・・続きます。
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
AKKUN  
saraさまこんばんは

まあ、九州の電気機関車といえば、ED76とEF81しか(最近はEH500も加わりましたが)ないので、重連になることもあるでしょうね。
総括制御はできませんが、機関士が一人乗務するだけなので・・・。

それよりも、この写真のED76とEF81は、どちらも乗務員室扉がステンレス化されてますね。初めて見ました。

2009/11/29 (Sun) 21:11 | EDIT | REPLY |   
sara  
AKKUN さま、こんばんは

恥ずかしながら、私は同じ機種同士でないと重連できないかと思っていたのです・・。

乗務員室扉のことは、私も気になっていたのです。
先ほど少し調べてみたのですが、小倉車両所で更新工事に当たって乗務員扉を交換した門司機関区の車両の中には、扉がステンレス無塗装で出場した車両も存在したのですが、その後に塗装された車両も多いそうです。

2009/11/29 (Sun) 21:49 | EDIT | REPLY |   
Mc791-1  

検修庫押し込みというやつですね。
ED76は庫から遠い方のパンタを上げて、EF81を庫内奥へ押し込みます。(庫内には架線がないので)

同じ機種でなくても重連は可能ですが、機関士が1両毎に必要なので、現在は異機種でのノッチを入れる重連運転はほとんどないですね。見かけ上あっても、次位機はノッチを入れない回送がほとんどです。
重連総括制御がある機種では、同機種またはもともとからつなぐことを考えて設計された機種としか総括制御できません。

2009/12/01 (Tue) 14:20 | EDIT | REPLY |   
sara  
Mc791-1 さま、こんばんは

コメント、ありがとうございます。m(_ _)m
検修庫押し込み・・というのですね。
この時不思議に思ったのは、どうしてEF81が自分で動かないんだろう?・・・だったのですが、庫内には架線が無いからこのようにして別の機関車が押し込むのですね。

>同じ機種でなくても重連は可能ですが・・・

詳しく説明してくださってありがとうございました。m(_ _)m
とても勉強になりました。

2009/12/01 (Tue) 22:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply