sara

sara

2009年11月6日 追記いたしました。

この日は、気がつくのが遅すぎた私。
電車は八幡に向かっています。302号機に会えたのに・・・どうしよう・・・。
「子鉄、ごめん、先に行ってて。お母さん、黒崎に戻る。」
「えーっ!」   
子鉄の返事も聞かずに八幡駅で降りて、黒崎駅に戻り4番ホームへ走る・・・。

EF81 302

間に合った・・。
EF81 302

本を読んだ時からずっと気になっていたこと・・・コルゲートの端の部分が303号機と違います。
EF81 302  EF81 303

車体は、とてもきれいです。
EF81 302

ここで・・・安心したのも束の間、私はもう一つの重要なことに気がつきました。
そうです、302号機の反対側の側面は、コルゲート加工されていないということで
そこも確認しなければなりません・・・だけど、4番ホームからは見ることができません。
そこで私は・・・・・http://cibisia.jugem.jp/?eid=738←詳しくはこちら。

走って、走って・・・・・・なんとか反対側に向かいました。

ある方のサイトで拝見させていただいたのと同じ・・・こちらにはコルゲートがありません。
EF81 302

ツルツル・・。調べてみると、1986年に接触事故があったそうで
復旧の際にコルゲートがなくなり 鋼製外板になったそうです。
EF81 302

小倉から811系がやってきました。
一緒に写すことができるかな・・・そう思いながら、パチリ・・。なんとか入りました。
EF81 302

会いたいと思っていて、こんなに早く会えるなんて・・・。神さまが見てくれているのかも・・・。
そして、303号機の記事の次に書けたことがとても嬉しいです。

台車、パンタグラフもしっかりと撮影してきました。

追記
私の想い・・・
最初は、ステンレス無塗装で活躍し、その後赤に塗り替えられて・・・昭和61年に事故でコルゲートを失ったけれども、今もしっかりと走り続けている・・・302号機。
コルゲートが無い片方の車体の側面は、302号機の個性・・・そして車両の歴史の一つでもある・・・
そう思いたい私です。EF81 
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
N221系  

こんばんは。

もの凄く見覚えのある光景ですね・・・笑
黒崎には、よく電気機関車がいるのでしょうか。2泊もしたのに、一度も見かけませんでした。昼間によくいるのですかね。

駅前の通りと反対側の歩道、僕も少し気になったのですが、結局行きませんでした。この角度もいいですね♪
(お怪我はしませんでしたか??

2009/11/04 (Wed) 22:44 | EDIT | REPLY |   
南八尾電車区  
ちぐはぐ・・・

 こんばんは、ご無沙汰です・・・
 後れ馳せながら、先日はご訪問&コメントありがとうございました。

 ステンレスの「EF81-302」、拝見する限り、きれいな赤(というか”紅色っぽい赤”??)一色に塗装されている感じで、見栄えしますね。
 それで、片方だけコルゲート無しの鋼製外板に張り替えられてしまっているとのことですが、正直なところ、ちぐはぐな印象を禁じ得ないところです。
 せっかく張り替えるならば従前と同じコルゲート加工されたステンレス板を使ってほしかった・・・今更言ったところでどうにもなりませんが。

 それはさておき、今回はEF81形300番台を堪能されたみたいで、何よりです!

2009/11/05 (Thu) 02:31 | EDIT | REPLY |   
schnitzer  
こんばんは。

302号機は痛々しいですよね。
なぜ鋼板にしてしまったのか。
ステンレスで修復されていないのが残念です。

2009/11/06 (Fri) 00:40 | EDIT | REPLY |   
line  

出会えて良かったですね。
ドテッと何が落ちたんですか。まさか、ご本人じゃないですよね。
今や関東では、ローズピンクの原色機も見られないので、このように美しい姿のEF81が見られるだけで羨ましい限りです。

2009/11/06 (Fri) 20:25 | EDIT | REPLY |   
sara  
N221系さま、こんばんは

いつもかどうかはわかりませんが、この時間帯にこの場所にいるみたいです。

歩道の存在には、ずっと気がつかなかった私でした。
(アザが少し・・。)

南八尾電車区さま、こんばんは

私は・・コルゲートを失くしてしまったほうの車体の側面も含めて
姿は変わっても、こんなにきれいにしてもらえて、お日さまの下で光り輝いている
そんな302号機が・・・大好きです。

schnitzerさま、こんばんは

走れなくなった仲間たちのぶんまで走り続ける302号機は
とても力強くて、たくましく見えて・・・
まだまだずっと頑張れるぞ!って言っているような気がしました。

2009/11/06 (Fri) 20:32 | EDIT | REPLY |   
sara  
lineさま、こんばんは

出会えて本当に嬉しかったです。
美しい姿のEF81・・・ありがとうございます。車体もピカピカで、本当にきれいでした。302号機・・まだまだ頑張ってくれると信じています。

ドテッ・・・その先の歩道の段差から落っこちてしまいました。実は、その後に行った駅でも・・。実は、アザ・・できてます。

2009/11/06 (Fri) 20:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply