FC2ブログ
・・・

7 Comments
ノーフォーク広場駅です。
ノーフォーク広場駅01

私は今回、ノーフォーク広場には行っていないのですが、息子が先日 学校の用事で
見てきたそうで・・・雄大な関門海峡が広がる絶好なビューポイントなのだとか・・。
ノーフォーク広場駅02 ノーフォーク広場駅03
レトロ展望室から見てみると、駅からは少しだけ・・・歩くのかな・・。
姉妹都市である米国ノーフォーク市にちなんで名付けられたそうです。

そうです、忘れていたわけではないのですが・・・こちらを先に。
潮風号の天井なのですが、とてもきれいなスカイブルーですね。
何が描いてあるのか・・・おわかりになりますか?? 実は・・・
潮風号 20090502028 潮風号 20090502021

お魚がいっぱい・・・。これだけでも、子鉄と「すごいね、素敵だね。」そう言っていたのですが・・
もっと素敵なことが起こったのです。ここから先はちょっと・・・お喋りを控えますね。(^^;
潮風号 20090502020

ノーフォーク広場駅を過ぎると、小さなトンネルが見えてきました。
こちらに⇒http://cibisia.jugem.jp/?eid=663 駅とトンネルが・・・。
ノーフォーク広場駅05
しつこいようですが、もう1枚・・・。だって、トンネルも復活したのですもの・・・うれしくて。
トンネル01

そして、トンネルに入った瞬間に車内から歓声が上がりました。
潮風号 20090502025

私も、子供たちもビックリ!天井が、まるで水族館みたい!!
潮風号 20090502023

↓こちらは帰りに撮影。(関門海峡めかり駅⇒九州鉄道記念館駅)
潮風号 20090502024

トンネルを抜けると、そこは光と緑がいっぱいでした。
潮風号 20090502027

そして、私が見たものは・・・  みなさんにも・・・見えますか?
潮風号 20090502026

もうすぐ「関門海峡めかり駅」に到着します。


★期間限定ですが、このような素敵な観光バスもありますよ。
めかり絶景バス・めかり周遊バス01

めかり絶景バス・めかり周遊バス02

めかり絶景バス・めかり周遊バス03

ルートマップはこちらに・・・⇒http://cibisia.jugem.jp/?eid=664
関連記事
sara
Posted bysara

Comments 7

There are no comments yet.
小麦姫  

saraさま こんばんは。
わああ素敵!きれい!本当に水族館みたい!いろいろなしかけがあってもう、ドキドキですね!
トンネル復活、嬉しいですね…再び使われて…列車が通って…
ノーフォーク広場も素敵なネーミングですね。

2009/05/06 (Wed) 20:43 | EDIT | REPLY |   
sara  
小麦姫 さま、こんばんは

きれいでしょう?o(*^^*)oトンネルに入って大歓声が上がって、私も思わずビックリ!
こんなに素敵なサプライズがあるなんて・・。すごいですよね。
新聞に、短い距離だけどトンネルも通る・・・そう書いてあって楽しみにしていたのですが、まさかこんなに素敵なことが起こるとは思っていなくて・・。思い出すと、また興奮してしまいます。みなさんにも乗車していただきたいなって・・・思います。(^^)
ノーフォーク広場・・・素敵な名前ですよね。

2009/05/06 (Wed) 21:54 | EDIT | REPLY |   
やっぱり鉄道  

sara様こんばんは。
今回の乗車記事を見て、そして公式サイトを見ました。
短い沿線にあるトンネルを上手く利用していますね^^
トンネル内の演出にはビックリでした。sara様の記事を読んだ後、公式サイトを見たのですが、トンネル内の演出は書いてなかったと思います。何も知らないで行ってビックリ、乗ってビックリですね^^
また、やまぎんレトロラインの命名も調べました。門司にあるのに山口銀行が3年契約で購入してこの名前になったんですね。お隣の山口県も歓迎ムードといったところでしょうか^^

さりげなく・・・のお写真も拝見しました。いつもよりも大きなお写真にsara様の思い入れを感じました。

2009/05/06 (Wed) 22:28 | EDIT | REPLY |   
schnitzer  
度々すみません。

"トラ"の件、解決してよかったですね。
こんな仕掛けがされているとは…ますます乗りに行きたくなってしまいました。

2009/05/07 (Thu) 00:06 | EDIT | REPLY |   
Katsu  
はじめまして

先日、58654の撮影に肥薩線に行き、58654の過去を調べてましたらこのページに偶然たどり着きました。
おじさんは、北九州在住で時折、九州鉄道記念館や門司運転区、小倉駅などで撮影をしております。また、高校時代の部活の先輩が某鉄道誌で連載しています「全国保存蒸気機関車の取り潰し」のお手伝いで全国制覇を目指し活動しております。
しかし、saraさんの知識や写真のレベルの高さ、貴ページの素晴らしさには感服しました。それに身近な話題が多く、とても楽しいです。また、ゆっくり過去のお話まで拝見させて頂きますので、よろしくお願いします。

2009/05/07 (Thu) 13:59 | EDIT | REPLY |   
line  

これがサプライズトンネルですね。ブラックライトに浮かび上がる光景は幻想的ですな。歓声が上がるのも肯けます。
EF30の後ろに繋がれた客車も気になりますね。未だ整備中なんでしょうかね。
客車にテーブルが付いてるので、夏場は缶ビールなど飲みながら風に吹かれるなんて最高でしょうね。飲兵衛ネタですいません。

2009/05/07 (Thu) 19:28 | EDIT | REPLY |   
sara  
やっぱり鉄道さま、こんばんは

トンネルの中に入った時は、本当にビックリしました。
やまぎんレトロラインに、平成筑豊鉄道・・・ですね。
もう一つのブログも閲覧してくださってありがとうございます。

schnitzer さま、こんばんは

トラ・・最初は、??でしたが、なんとか理解できてよかったです・・。(^^;
トンネル、本当に素敵ですよ。
今度九州にいらっしゃった時には、是非・・・乗車してくださいね。


Katsu さま、こんばんは

はじめまして。コメント、ありがとうございます。
私は知識はほとんど無くて、みなさまから教えていただきながら なんとかブログを続けているような感じなのです。ただ、鉄道が大好きというだけなのですよ。長時間乗車することもできないですし・・。(^^;カメラもコンパクトデジカメで想いだけ込めて撮っています。
それから、私・・大学生と中学生の子供がいる「おばさん」です・・。(^^;
線路や車両のしくみを知ることも大好きです・・・。


line さま、こんばんは

トンネルの記事を見てくださってありがとうございます。
今回、かなりチカラ入れて書きました。(^^;
トンネルに入った瞬間、思わず・・・「すごいー!」って叫んでしまいました。
EF30ですが、車体はきれいに塗ってありました。だけど・・・お顔はあのまま・・。客車も。
でも、こうやって保存されているだけでも・・よかったと思いました。

2009/05/07 (Thu) 22:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply