sara

sara

左の建物は、門司港レトロ展望室です。ここを通り過ぎると、出光美術館駅に到着します。
今回、出光美術館駅に停車中の写真が無いので、こちらの展望室から撮影したものをご紹介いたしますね。⇒http://cibisia.jugem.jp/?eid=661

左に見えるのが、門司港レトロ展望室

ここで子鉄が叫びました。「あ、鉄道のお店みたい。」
そのことも気になったけれど、私の中では、もっと胸がいっぱいになることがありました。
潮風号 2009050201 潮風号 20090502012

街の人たちが、エプロン姿で 潮風号に手を振ってる・・・・。
潮風号 20090502013

走る姿に、みんな笑顔で手を振ってくれてる・・・。
潮風号 20090502014

私は、このような光景を初めて見ました。
子どもたちが小さな頃に絵本を読んでいて、そこに描かれてあった挿絵と同じ光景。
走りすぎる列車に、大人も子供もみんなが笑顔で手を振っている、優しくてあたたかな様子・・。
「さようなら」・・・ではなくて、「いってらっしゃい、楽しんでね。」・・・そう聞こえてくるような街の雰囲気。

GWだったからでしょうか・・・各駅のホームにはボランティアスタッフの方もいらっしゃって、街中で潮風号を応援している様子が伝わってきて・・・・とても爽やかな気持ちになりました。

左の方に関門橋が見えます。あの橋を通ると・・・下関・・。
そして、こちら・・・ご存知でしょうか?⇒http://cibisia.jugem.jp/?eid=662
関門国道トンネルです。ふく(こちらではふぐを「ふく」と呼びます。)のお口が出入り口です。
門司港レトロ展望室から子鉄が見つけて、「お願い!撮って!!」そう言っていたので、パチリ。
さりげなく・・・のブログの写真でもおわかりになっていただけると思いますが、門司港は海と山に囲まれたレトロな街並み・・・お散歩しながらゆっくり見るのも良いのですが、潮風号で和布刈公園まで心地よい潮風を楽しんでみるのも・・・素敵です。
潮風号 20090502015

そろそろ、私のお勉強の時間がやってきました。
DB101・・ディーゼル機関車で2軸・・・10・・は、最高速度85Km/h以下・・。(潮風号は確か・・約15Km/hで走る・・・新聞にそう書いてありました。)
潮風号 20090502016 潮風号 20090502017

そして・・・今回、私がいちばん悩んだことが・・・・こちらです。
トラ701?  ?
トラ??この時、鉄道の本は持っていなかったので、「トラ」が気になって仕方がありませんでした。
帰って調べてみても、客車に「ト」「ラ」はありません。考えながら・・・ページをめくってみると、貨車のところで「ト」(無蓋車)「ラ」(最大積載量17~19t)を発見・・・もしかすると、こちらは客車ではなくて貨車・・になるのでしょうか・・。
潮風号 20090502018

本当は、ドアのところで見つけたもの(戸閉制御箱)・・・・も気になってしまったのですが
あまり書きすぎるといけませんね。(^^;しくみはまた違った形で・・どこかに書きたいと思います。

トンネルのこと・・・できれば今日中にアップしたいのですが・・・・。
潮風号、もう少しだけ続きます・・。

Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
line  

終点の和布刈公園から歩行者用の関門トンネルで本州まで行けるそうですね。歩行者用トンネルがあるのは始めて知りました。片道何分ぐらい掛かるのでしょうかね。
閉所が苦手な人は厳しいのかな。
それを組み込んだ切符も売られてるそうで、かなり興味を惹かれます。

2009/05/06 (Wed) 15:54 | EDIT | REPLY |   
sara  
line さま、こんばんは

歩行者用トンネル、あるのですよ。( ^ ^ )Y 
実は、ずっと前から通ってみたくて、今回は息子もいたので「3人で歩こう!」そう言っていたのですが、時間が無くて・・。自転車でもOKみたいです。通行料は無料らしいのですが、自転車と原付は20円だそうです。片道、何分くらいかかるのでしょうね。毎日ジョギングしている方もいらっしゃるみたいなのです・・・。子鉄は、「いいなぁ・・毎日九州と本州を行き来できるなんて羨ましい!」そう言っていました。私たちもいつか歩いてみたいと思っています。
是非、九州にいらしてくださいね。潮風号と関門トンネルが待っています。

2009/05/06 (Wed) 19:35 | EDIT | REPLY |   
小麦姫  

saraさま こんばんは。
潮風号に手を振ってくださる街の人、私も胸がいっぱいになりました。愛されているのですね…
saraさまの集中した気持ちが伝わってくる、とても素敵な記事です…旅を思う存分味わってくださいませ。

2009/05/06 (Wed) 19:47 | EDIT | REPLY |   
sara  
小麦姫 さま、こんばんは

そのように書いていただいて、本当にうれしいです。
私が感動した想いを受けとめてくださって、心から感謝しています。
鉄道を通して、一瞬だけでも心がふれあう瞬間・・・そのように感じました。
本当に素晴らしくて、素敵で・・・あたたかい街です。o(*^^*)o

2009/05/06 (Wed) 22:00 | EDIT | REPLY |   
ぴんくのかば  
トラ

お久しぶりです(^^)
トラ。元は貨物車のトラ70000形です。
それを改造してトロッコ車両にしたんですね
由布院で走ってるトロQも元トラです。あ、今もトラか。

この潮風号、前は島原鉄道で使われてたそうです。
海と縁のある車両ですね。

2009/05/09 (Sat) 22:02 | EDIT | REPLY |   
sara  
ぴんくのかばさま、こんばんは

お久しぶりです。
教えていただいてありがとうございました。m(_ _)m
貨物車を改造してトロッコ列車になったのですね。
(この場合は・・・客車・・と呼んでもいいのでしょうか。)

潮風号・・・本当に・・海と緑が似合っていますね。(^^)

2009/05/09 (Sat) 22:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply