sara

sara

★2008年12月16日 修正・追記しました。

前回の記事で 私のノートをアップしていたのですが あのページには「駆動装置のしくみ」について書いていました。

駆動装置=電車に使用されるモーターの回転力を車軸に伝えるための装置・・。

(車軸側⇒大歯車、モーター側⇒小歯車・・噛み合わされて駆動力を伝達。)

吊掛駆動方式=モーターと車軸を台車枠で支える方式。

短所は、車軸にモーターの重量の半分がかかるので歯車が損傷しやすくなるということと
騒音・振動が大きくなり乗り心地がよくない・・・そう書いてしまってよいものかわからないけれど、書きます・・・。
そして、高速運転には不向き・・・そう書いてあったのですが、これは上記のようなことから・・・
そう思ってよいのかなと・・。(他にもあるかもしれませんが・・・。)

そして・・・今まで(・・?!??だった「カルダン方式」
モーターを台車枠へ固定し、モーターと車軸を結ぶ継手がたわむことによって車軸がバネ装置により動いても動力が伝達される・・。
(メンテナンス性にも優れている・・・ということです。)

カルダン方式・・を調べていると、その昔(←「昔」・・こんな表現を使ってよいものか・・)
通勤電車で101系、その後特急電車の151系にも使用されてスピードアップが図られていったそうです。
カルダン方式で騒音と振動を少なくし、高出力のモーターを搭載・・・
そして発電ブレーキを採用・・・。
これらの技術は、後に0系新幹線にも活かされたのですね。
↑間違っていないか・・・少し不安。
★追記★
電気制御、ブレーキ関係は同じ技術で作られているそうです。
駆動装置は、WN駆動方式。

実は、WN駆動方式・・・この記事を書く前に少し調べてみたのですが、その時はあまりよく理解できなくて・・・(^^;
その後、本を読んで少しわかったことは・・・
中空軸平行カルダン方式と比較すると、駆動装置が幅をとるけれど高出力に耐えられる構造なので標準軌の鉄道から普及した・・・・ということですね。(^^)
ここで、新幹線もWN駆動方式をずっと採用している・・そう書いてありました・・・。すみません、見落とし・・。
そして・・・誘導電動機の普及によりモーターが小型化されたためにWN駆動方式が採用されることが増えてきているそうですが・・・実際にはどうなのでしょう・・・。

なんとなく・・・なんとなくですが少しだけわかりかけてきました。
これからも車両のしくみを調べてゆきながら、また後戻って詳しく理解できたらいいなと思っています。


ここで151系のことに寄り道してしまいそうでしたが、そう思いながらも制御方式が気になって
横道・・・ここでまた発見・・・だけど、それよりも交流と直流のことを最初から・・・
そう思って進めていますが、もういろんなことが気になってしまい・・・これからどうなってゆくのか。
不安だけど・・・調べている時はやっぱり・・・・楽しくてうれしいです。
悩んだりもしていますが・・・。(^^;

車両のしくみいろいろ・・・続きます・・・・。

★追記★
先に新幹線の○○○ケーブルのこと・・・書きたいのだけど・・。
過去に(・・?!??で撮っていた部分写真が やっと活躍しそうなので・・・。
自己満足な世界に入ります・・・。
新幹線のケーブルなんて・・・面白くないですよね~。(^^;
でも、私・・何かがわからないときからワクワクしてました。
Posted by

Comments 5

There are no comments yet.
schnitzer  
凄いですね!!

駆動方式の事までお調べになっているのですね。
楽しみながら勉強ができるって素晴らしいです。
私も勉強しないとついていけなくなってしまいそうです。
頑張らないと。

2008/12/14 (Sun) 23:38 | EDIT | REPLY |   
F02  

僕も夏に駆動装置を調べましたが、ここまで深くは調べていませんでした・・・凄いです。

ちなみに発電ブレーキですが、地下鉄ではあまり好まれなかったようですね。と言うのは発熱量が多いからです。地下鉄は「夏でも涼しい」がウリでしたが、通過する車両数が増えるにつれて「冬でも暖かい」になってしまい(それを好む人も多そうですが)、発熱の大きい発電ブレーキは嫌われたようです。それを改善するために1968年にチョッパ制御・回生ブレーキ車(営団6000系)が開発されたわけです。ちなみに国鉄は千代田線直通に103系(抵抗制御・発電ブレーキ)を採用したので営団から電気代の差額を払わされていたそうです。普通の乗客も「鉄板焼電車」「走る電熱器」と言い、103系を見送りチョッパ制御・回生ブレーキ・冷房つきの小田急9000形を待っていたそうです。(営団6000は当時は非冷房でした)

2008/12/15 (Mon) 17:58 | EDIT | REPLY |   
sara  
schnitzer さま、こんばんは

二つもコメントしていただいてありがとうございます。m(_ _)m
車両のしくみを調べていると、とても幸せな気持ちになるのです。←不思議なヒトですよね。(^^;
だけど、間違ったまま記事にしていることもたくさんあって・・・そこのところが毎回コワイというか、ヒヤヒヤしています。
これからも少しずつ書いてゆきたいと思っています。o(*^^*)o


F02 さま、こんばんは

コメント、ありがとうございます。
お久しぶりです・・。私も訪問させていただいているのですが、鉄道の知識があまり無いものでコメントを残せなくてすみません。m(_ _)m

発電ブレーキのこと、そうだったのですね。教えていただいて初めて知りました。
とても勉強になります・・・ありがとうございました。
実は・・チョッパ制御と抵抗制御のことなのですが・・・数日前にそのこともちょっとだけ調べました。だけど、まだよく理解できなくて・・・もしかするとわからないまま記事にしてしまうかもしれません・・・。
後日、(記事で)そのことにも触れたいと思っていますので、よろしかったらまた覗いてくださるとうれしいです。o(*^^*)o

2008/12/15 (Mon) 20:07 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/12/15 (Mon) 22:10 | EDIT | REPLY |   
sara  
匿名さま、こんばんは

ご指摘していただきましてありがとうございます。m(_ _)m
あれからもう一度、数冊の本とにらめっこしながらおさらいしました。(^^;
そしてなんとか(少しだけですが)理解できたかな・・・というところで記事を修正・追記しました・・・。
本当にありがとうございました。m(_ _)m
これからも頑張ります・・・。( ^ ^ )Y 

2008/12/16 (Tue) 19:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  電気車の駆動方式
  • 『走行音を録ってみよう』シリーズ、もはや忘れ去られたような状況ですが... もうしばらく休止させていただきます。 ちなみに...大阪遠征のあ...
  • 2008.12.17 (Wed) 11:38 | 春風のいたずら