FC2ブログ
・・・

4 Comments
過去記事「ブレーキのこと1」、 「」、 「」では「電磁吸着ブレーキ」のこと、「連結器の近くから・・・」を書いた時には「ジャンパ連結器」のことをもっと知りたいと思いました。
そこで、今回はEF63という機関車のことをとり上げてみたいと思います。
私自身が勉強するつもりで頑張って書きますが、調べ方が足りなくて違ったことを書いてしまいましたら申し訳ありません。m(_ _)m ご存知の方がいらっしゃいましたら ご指摘いただけるとありがたく思います。

EF63には特殊な装備がされていました。(前後してしまいましたが、こちらの記事では峠の歴史を少しだけ書いています。)
ブレーキにもいろいろありますが、ここでは私が知りたかったブレーキのことを書きます。

 電磁吸着ブレーキ(レールブレーキ・・車輪を経由せずに直接台車からレールに作用するブレーキ。)=急勾配で停車する時は、板状の電磁石が直接レールに吸い付いて機関車を停止させていました。本には勾配線区での非常用などで装備されることが多い・・そう書いてありました。

そして、EF63には横川~軽井沢間を通過する列車に対応するジャンパ栓が付けられていました。
ジャンパ連結器=鉄道車両において、車両と車両に電気回路を引き通すものです。(車両の制御回路や冷房などの電源回路)これで・・1人の運転士さんによって一括操作できるのですね。

実は、ジャンパ栓の種類を書き出して自分なりにはわかったつもりなのですが、どこにどの栓が入るのかを詳しく説明する自信がないのでこちらで書くのは控えさせてください。すみません・・m(_ _)m

★今回、ジャンパ連結器と双頭連結器の写真が必要でしたので、こちらのブログの管理人様にご了解していただきまして、写真が掲載されている記事をリンクさせていただいております。 

最初の頃は、峠を越えるのに電車は動力をオフにしてEF63に牽引されて通過していましたが、8両編成が限度でした。その後、協調運転できる169系が登場して12両編成になりました。
16、17枚目の写真から・・・協調運転用のジャンパ連結器(KE70・・芯数55)・・写真の一番左の下から2段目のオレンジ色の蓋のところです。(栓受け)
これによって、電車の方にブレーキなどいろんな指示や連絡ができたのですね。(制御回路も連結。)

そして、電車と連結するために装備されていたのは・・・(18枚目)
双頭連結器=頭部が密着連結器と自動連結器の両方が使用できるもの。
すごいですね、本当に二つ付いています。

そして、これはブレーキのことからわかったのですが、EF63の側面の通風窓って大きいですよね。これはなぜかな・・?そう思っていたのですが、抑速ブレーキという発電ブレーキを装備していて、この発電ブレーキを使うと抵抗器から大量の熱を発するので通風窓が大きいのだそうです。

私が知りたかったこと・・・それを中心に書いてしまって、記事というよりも覚え書きのような感じになってしまいましたが、世界中のどこかで・・・同じことを知りたかった・・・という方が1人でもいらっしゃるかもしれないので・・・本当に拙い文章で申し訳ないですが書き残しておきたいと思います。

次の記事では・・・過去にEF63が越えていた峠の歴史を少しだけ・・・本当に少しだけですが触れてみたいと思います。


今回、お写真をお借りいたしまして本当にありがとうございました。
次の歴史では、もう一つの記事のお写真をリンクさせていただいております。
記事を2つに分けてすみませんでした。m(_ _)m
関連記事
sara
Posted bysara

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/10/26 (Sun) 00:40 | EDIT | REPLY |   
sara  
匿名さま、こんにちは

体調のよくない中、記事を読んでくださってありがとうございました。
まだまだ足りないことが一杯ですが、自分ではここまでが精一杯・・でした。だけど、今回・・この記事が書けたことは本当に嬉しくて、そしてこれからこのブログで細々とですが車両のことを書いてゆきたい気持ちがもっと強くなりました。駅での素敵な想いも書き綴りながら・・・でも、車両のことにつなげてゆきたいと思っています。
いつか、いつの日か碓氷峠鉄道文化むらにも行けたらいいなと思っています。

お仕事の疲れが出てしまわれたのですね。
お大事になさってくださいね。

2008/10/26 (Sun) 13:36 | EDIT | REPLY |   
すずめ2号東京行  
鉄博資料から

鉄道博物館の紹介をされている方のサイトにおいて、開館前に連載されていた資料の紹介のページが紹介されていました。そういえばあった。

その中に、
http://www.railway-museum.jp/exhibition/136.html
というのがあります。とても短い文章でよくまとまっていると思います。

2008/11/10 (Mon) 20:32 | EDIT | REPLY |   
sara  
すずめ2号東京行さま、こんばんは

お忙しい中、コメントをありがとうございます。
リンク先を拝見しました。
粘着運転のことやブレーキのこと、協調運転のことも書いてあって とても勉強になりました。
本当にありがとうございました。m(_ _)m
先日教えていただいたリンク先の資料(◇←これです。)もプリントして昨日、読みました。

鉄博・・・行けるかも・・です。

2008/11/10 (Mon) 21:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply