FC2ブログ
・・・

5 Comments
また・・会えた・・・「きりしま・ひゅうが」  1年と3ヶ月ぶりでした。
きりしま&ひゅうが01

さあ・・勇気を出して・・・。
赤い特急・・・それは夢の列車の始まり・・・私の気持ちです・・。
きりしま&ひゅうが02

車両デザイナー・水戸岡鋭治さんの 『ぼくは「つばめ」のデザイナー』より
『赤という色は、たいへん力のある色です。見る人に強いインパクトをあたえます。車体が古くなって少しでこぼこしていても真っ赤なら目立たず、傷も吸収して見えないようにしてくれます。』

485系のこと・・・
リニューアルする時に、485系の顔の部分も変えたらどうかという意見も出たらしいのですが、水戸岡さんはもとの顔をできるだけ生かして色だけを変えることにしました。
それは、形がしっかりデザインされているから、色をリニューアルするだけで生きかえる・・
そう思ってあったから・・。
リニューアルするといっても、いい面は残すべきだ・・という考えをお持ちだったのです。
伝統的な「いい面」を残しながら、いまの時代に必要なところだけを加えて手直しをする、
いつまでも使い続けて受け継いでゆく・・・それが文化というもの・・・。
それは伝統的な町並み保存のやり方と同じ・・。
私はそのことを知った時に、心の中に静かな感動がうまれました。

きりしま&ひゅうが03

JR九州の列車たち・・・個性的な外観と内装だけが注目されてしまいますが
その奥深くには いろんな想いがあることを・・・お伝えしたいと思いました。

お伝えしたいのに・・・私の写真はブレブレ・・・申し訳ないです。m(_ _)m
きりしま&ひゅうが04

今日・・・「きりしま・ひゅうが」を撮影するために、ホームには数人の方々がいらっしゃいました。

きりしま&ひゅうが05

遠くにいらっしゃる方が、赤い特急を撮影される姿を見ていると・・・
ちょっぴり胸がじぃーんとしてきます。
きりしま&ひゅうが06

「さよなら」・・じゃなくて、「行ってらっしゃい」・・・
今日は、去ってゆく赤い特急にそう呟いていた私でした。
きりしま&ひゅうが07

私は、車両デザイナーの水戸岡鋭治さんの本を読んで、787系や883系、885系
そして800系への外観だけでない奥深いもの・・を知りました。
これから記事の中でも少しずつご紹介できたら・・・そう思っています。
関連記事
sara
Posted bysara

Comments 5

There are no comments yet.
ベルニナ  

こんばんは♪

朝7:29に宮崎からこの電車に乗ると9:35には鹿児島中央に到着なんですね(^^♪
(今、時刻表を見ながら書いてます)
で、9:52鹿児島中央発の新幹線つばめ4号に乗って、新八代に10:31着。
リレーつばめに乗り継げば、10:55に熊本に到着。
熊本城をゆっくり見物して(笑)、遅めのお昼ご飯を熊本でゆっくりと。
これはなんとしても、熊本へも行く仕事を作ろうっと(^^♪
...という妄想を抱いているベルニナです(^^ゞ

僕の世代にとっては、481系など「48x系」という車両(あまり詳しい区分は知らないのですが(^^ゞ)は、国鉄時代から慣れ親しんだ特急列車です。
どこか遠くへ行く時に乗る列車、それが特急で、ちょっと憧れのようなものも抱いていました。
(小さい頃から見ていたのでそう感じるのかもしれません)
形を変える...新しく改造するのは簡単かもしれませんが、そうすると、それまで築き上げてきた良いイメージ(安心感、信頼感、憧れ、カッコイイ!感など)も変えてしまう可能性もありますよね。
ある意味、完成された形だったということもあるのではないでしょうか。
カラリングを変えるだけでも、印象は変わりますよね。
でも、中途半端に変えると、なんだか古くささだけが強調されてしまうようで、逆効果のような気がします。(東北地方を走る特急列車が残念なことにそんな印象でした)

水戸岡さんの本を読んでみたくなりました(^^)
長々と失礼いたしましたm(_ _)m

2008/08/16 (Sat) 23:12 | EDIT | REPLY |   
swallow angel  

なるほど、赤い色には“力”があるんですね。最近こちらでもまっかっかの485が闊歩していて、わたしはそれを“どぎつい”と表現しましたが
(↓ここで)
http://do-raku-oyaji.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/182_3beb.html
赤の持つインパクトなのかも知れませんね。
JR九州のコーポレートカラーが赤ですから、赤い電車というのは企業イメージでもあったんですね。東日本は緑なんですが、あまり緑色の電車は見ないですねぇ。

2008/08/17 (Sun) 07:54 | EDIT | REPLY |   
sara  
ベルニナさま、こんにちは

コメント、ありがとうございます。
時刻表をご覧になられたのですね。
800系つばめ・・・私も乗ってみたいです。実際に見ると・・・可愛いだろうなぁ・・・。
素敵な妄想を是非、現実にしてください~。( ^ ^ )Y 

古いものと新しいもの・・・駅舎もそうなのですが、私もいろいろと思うところがあって、時代の流れと共にそれらがうまく共存できることが理想なのかなって思うようになりました。私の思いの駅は、建て替えになる運命にあります・・・昨年まで、何とかして保存を・・そう考えてばかりいました。本当は・・今もそうです。だけど・・時代の流れと共にその考えだけではいけないんだなということを 鉄道に触れるようになってわかってきました・・・。(いろんなサイトや情報・・出かけた先などから。)
新しいことばかり追い求めてもいけないと思うのですが、昔からの良い面を大切にしながら今の時代に受け継いでゆけるようにすることも同じくらい大切なのではないかなって・・・。
そして、それが未来を作る子供たちにも伝わるのではないかなと思いました。

>ある意味、完成された形だったということもあるのではないでしょうか。
そうですよね。o(*^^*)o
形がしっかりしていたからこそ、色だけを変える(先輩のデザイナーや設計者が作ったいいところは生かす。傷んでいるところや時代に合わなくなったところだけを変える・・。←本にそう書いてありました。)・・・車体にアルファベットの文字を配してストーリー性を与える、そして、エンブレムをつける・・・このエンブレム・・・485系の中でも「赤いかもめ」・・・が最高に格好いい・・というか、私には素敵に見えました。私だけかなぁ・・。赤い車体に・・本当に美しい・・。エンブレムだけでも絵になるというか・・・飾りたくなってしまう・・。そう・・赤い車体だからこそ美しいのかもしれない・・そう思いました。

水戸岡さんの『ぼくは「つばめ」のデザイナー』、子供たちにも読んで欲しい本です。九州特急物語・・にも書いてありますが、本当に・・・感動してしまいました。

そうそう・・・水戸岡さんは0系に対しても想いがあって、線幹線の顔がどんどん変化している中、800系つばめには0系のイメージを残したいと考えてあって、0系のデザインがもっともすぐれている・・そう思ってあったそうです。
私もここ3週間、毎週0系を撮影しましたが、お顔を見ていると・・本当に可愛らしくて、なんというかホームの雰囲気さえも穏やかになりますね。800系のお顔も・・・可愛いでしょう?o(*^^*)oなんとなく、なんとなくですが・・・0系に似ているような気がします。v-235
たくさんお返事を書いてすみませんでした・・・。読むのにお疲れになってしまうかも・・。ごめんなさい・・。m(_ _)m



swallow angel さま、こんにちは

コメント、ありがとうございます。
すみません、私もここ最近忙しかったので記事を拝見していなくて・・今、気が付きました。
いえいえ、表現は自由ですし、国鉄色の485系・・それが本来の姿ですので、真っ赤な485系が登場した時には賛否両論が大きかったと思います。それは・・・883系ソニックが登場した時も同じだったそうです。好き、嫌い、いい、悪い・・がはっきり分かれたそうで・・。
好きな車両があれば嫌いな車両もあって当然だし、そう思うことが良いとか悪いとかは無いと思います。o(*^^*)o本当に自由なことなので・・・。
ただ、私は車両デザイナーの想いや、その製造に関わった方々の鉄道車両に対しての深い想いを知らないまま・・・ただJR九州の車両の外観だけで奇抜・派手・豪華・・それだけを取り上げられることがちょっと悲しくなってしまったのです。そちらの記事を読んでとかそのようなことではありません・・。鉄道に詳しくない私がこんなことを書くことは筋違いとは思っているのですが、水戸岡さんの本を読んだ時にこんなに素晴らしい想いや人と人とのつながり・・力で一つの車両を作り上げる・・・そして古いものも生き返らせる・・それを知った時に、少しずつでもいいから記事の中に書いてゆけたら・・・そして嫌いなままでもいいから、どうしてこのような車両たちが生まれたのかを お立ち寄りくださった通りすがりの方々にも知って欲しくて・・。

今回の883系の増備車・・ツルツルボディがまたまた賛否両論ですが・・車内に入ってみて私は新しい魅力なんだなって・・感じることができました。
外観や車内の豪華さ・・それはどうしてなのかも・・・それはただ豪華なだけではないのです・・・本当に奥深いです・・私はその部分を知った時に、鉄道がまた好きになりました。
明日から忙しくなるのでなかなか記事が書けなくなりますが、車両のことを書く機会があった時に、このことに触れてみたいなと思っています。(^^)

2008/08/17 (Sun) 16:28 | EDIT | REPLY |   
line  

この派手な485系は、西鹿児島から宮崎まで乗ったことがあります。最初に見た時はビックリしましたけど。
この写真は小倉駅? お盆期間中の臨時増発で北九州地区までやってきたのですか。今では北部九州からは撤退してしまったと聞きました。
この485も新幹線開業後には、確実にいなくなる運命なんでしょうね。またひとつ国鉄型が消えていくのですな。

2008/08/17 (Sun) 16:51 | EDIT | REPLY |   
sara  
line さま、こんばんは

お疲れさまです・・。コメント、ありがとうございます。
そうですよね、最初にご覧になられた時はビックリされますよね。o(*^^*)o
そうです・・小倉駅なのです。
実はですね、昨年も偶然出会ったのです・・・。今回もそれに近くて・・・だけど、今回は数人の方が撮影されていました。そんな姿を見ると・・やはりうれしいです。
たぶん・・そうなるのでしょうね。
いろいろと思うところはあるのですが・・・時代の流れ・・なのでしょうね。
私が鉄道を好きになったのは、ある駅とのことからなのですが・・・そこまでで終わってしまえばよかったのに・・調べれば調べるほど・・鉄道に惹かれてしまって、他のことまで想ってしまうようになって・・いけないですね。ついつい奥深いことまで知りたくなってしまうのです。(^^;

2008/08/17 (Sun) 20:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply