FC2ブログ
・・・

7 Comments
前回の記事の続きです。 私が、「?」 そう思ったのは・・・こちらでした。
触ってみたい気持ちをぐっと抑えて(触ってないです。)じぃ~っと観察。
よく見てみると、赤いものが見えていて半分が上にあがりそう・・・・・。
この部分なのです・・・

何だろう・・・の気持ちのまま家に帰って、鉄道記念館の2005年のパンフレットを
開いてみると・・・左がパンフレットの写真ですが、がついていて、赤い○になっています。
右の写真は、今回撮影した59634号機です。
赤い○があります・・・・・・ 59634・・・・こちらには赤い○が無い・・・


そして今度はC59 1号機を見てみると、前に赤い○になるようなものはついていなかったのですが ・・・後ろの方に赤い○が二つ付いていたのです。
C59 1号機です C59 1 後ろ姿

もっと近くでしっかり見てみると、真ん中で半分に折れそうです。←そうなると黒になる??

(・・?!これは・・・?? 横から

気になってしまったので、鉄道ファンの2006年2月号を出してきて・・・・
追記・すみません、2006年ということを書いていませんでした。m(_ _)m
いつも出てくる鉄道ファン
この特集でいろんな蒸気機関車の写真を見てみたのですが
やはり前に付いているものとそうでないものがあるのです。
蒸気機関車の特集です・・

この赤い○は・・・いったい・・何なのでしょう・・・。
悲しいかな、私は・・・いろいろ考えてみたのですが・・・
何を意味するのかがわかりませんでした。
(こんな時、どうやって検索すればいいのでしょう。)←すみません、独り言です。

余談ですが・・・・
私はやっと今日の夜であることから解放されて、明日からもっと楽に動けそうです。
そして・・・GW明けから、少しずつ活動できそうです。
(調子がよければ、駅・・そして大好きな列車たちに会いに行きたいなと思っています。)
そう考えるだけで、ワクワクします・・。o(*^^*)o
関連記事
sara
Posted bysara

Comments 7

There are no comments yet.
このは紅葉  
こんばんは

その赤いのはそのまま後部標識(尾灯)でしょうね。昼間は赤色ランプが目立たないので赤い円盤をつけて見やすくしたのかも。(…たぶん、おそらくきっと…ぜんぜん自信なし)
貨車にランプのない赤い反射板だけつけたものもあります。
機関車の前のランプは「標識灯」という名前だと言うことは本に書いてありますが、実際にどう使うのかはよくわかりません。通過の合図とか(通過灯)、操車場の合図(入替灯)などに使う?

2008/04/26 (Sat) 00:38 | EDIT | REPLY |   
sara  
このは紅葉さん、こんにちは

コメント、ありがとうございます。
>昼間は赤色ランプが目立たないので赤い円盤をつけて見やすくしたのかも。
本当ですね、そうかもしれないですね・・・。o(*^^*)o

今回、ずっごく悩んで(家にある本にも載っていないし、検索しても出てこない・・。)困っていました。
6月にはやぶさの記事を書いたときに、ペコちゃんのほっぺのような赤い丸がついていて、それが赤色反射板ということを教えて頂いていたので(http://sararuru17.blog80.fc2.com/blog-entry-197.html)、これも・・もしかすると赤色反射板かな・・・そう思ったのですが、車両によってついているものとついていないものがあって・・・もう、迷宮の世界に入ってしまいました。それと・・・v-82と赤い○って何か意味があるのかな・・とか。
蒸気機関車のことが書いてある特集の本は何冊か持っているのですが、細かいことまでは書かれていないので今回は記事にしてみました。一つのことも・・気になってしまうと本当に奥が深いですよね。( ^ ^ )
このはさんは、よく蒸気機関車の絵を描かれていらっしゃるので やはりいろいろとご存知なのですね。私ももっと知りたいです。頑張りますね♪一つずつ知ってゆくことがとてもうれしくて、励みになるんです・・。いろんな意味で・・。ありがとうございました。

2008/04/26 (Sat) 09:51 | EDIT | REPLY |   
TAKATAKATAKA  
すごい観察力ですね。

”駅”素敵な想いのタイトルからは、とても想像の出来ない観察力、連休前に改めて敬服いたしました。

 このような繊細な観察力、調査力、着眼力、今の工学系の若い方々に見てもらいたいです。今の世の中、希望も少なく、将来も暗く、なんとなく覇気が無くなってます。そう思いながら見てます。

 英語で評価、Very Good

2008/04/26 (Sat) 11:14 | EDIT | REPLY |   
line  

蒸気機関車のテールランプ反射板とでも言うのかな。多分配置機関区独自の物だと思います。北海道や東日本で活躍していた機関車にはこの丸板は付いてなかったです。
9600は入換え用機関車でしたから、前後にテールランプが必要なんです。C59は旅客用本線機関車ですから、テンダーの後ろにしか必要ありませんね。つまり、C11や9600などの小型機関車はお尻を先頭にして走れるので前にもテールランプが付いてます。本線用のC57、D51とかは正面向きでしか走りませんから正面には付いていないのです。

2008/04/26 (Sat) 15:53 | EDIT | REPLY |   
221系  

こんにちは。

本当に、凄い観察力だと思います。
もしかしたらどこかで見たのかもしれませんが、初めて見るような感じです・・・。(わけ分かりませんね^^;
蒸気機関車、入れば入るほど未知の世界ですね。

GW明けから・・・いいですね♪
そのまま順調にいい方向に向かって下さい、お祈りしてますm(_ _)m

2008/04/26 (Sat) 15:56 | EDIT | REPLY |   
TAKATAKATAKA  
これなんかが参考になるかも

の「前部標識」「後部標識」の表示方法については、「鉄道に関する技術基準第119条」(合図及び標識)の解釈基準に、在来線の場合は以下の様に記されています。

後部標識 貫通ブレーキを使用しない列車の最後部車両の後面に赤色灯又は赤色円板を1個以上。

列車の最後部車両の後面に赤色灯又は赤色反射板(後続列車の前部標識の灯光により標識の表示を認識することができるものに限る。)1個以上。ただし、列車間の間隔を確保する装置により運転する列車又は自動閉そく式若しくは車内信号閉そく式を施行する区間(出発信号機又は出発標識が設けられた停車場間が1閉そく区間である区間を除く。)を運転する列車は2個以上。

少しくどいかもしれない。ご勘弁を。他人のページからです。あなたの熱意に参った。
鉄道の豆知識、鉄道運輸機構だよりhttp://www.jrtt.go.jp/news/jrttnews/data/n12-10.pdf

2008/04/26 (Sat) 16:07 | EDIT | REPLY |   
sara  

TAKATAKATAKA さま

2回もコメントを入れていただいて、本当にありがとうございました。
そして、調べてくださったのですね。リンク先も拝見させていただきました。
書いてくださったこと、しっかりと鉄道ノートに残させていただきます。

私はココロもアタマも子供のままで・・・本当に小さなことに興味を持ちすぎてしまって、みなさんにご迷惑をかけてしまっているかもしれません。自分でも頑張ってはいるのですが、検索力不足というか←言い訳してます・・すみません・・。(^^;こんな私ですが、鉄道が好きな気持ちは綿菓子のように膨らんでいますので、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。m(_ _)m


lineさま

入換え用機関車と旅客用本線機関車・・・まず、この違いがわからなくてはいけなかったのですね・・。私、蒸気機関車のことを1から調べなくてはなりませんね。o(*^^*)o

>C57、D51とかは正面向きでしか走りませんから正面には付いていないのです。
とても勉強になりました。
教えていただいてありがとうございました。m(_ _)m
私、今回のことでまた蒸気機関車のことを一つ知ることができてうれしかったです。


221系さま

こんばんは
私も今まで気がつかなくて、今回初めて「あっ!」と思ったのです。先ほど・・ある方に教えて頂いたのですが、「標識灯円板」と呼ばれているらしく、模型もあるそうです。(緑の方にリンクしてあるので、ご覧になられてみませんか?)

蒸気機関車・・奥が深いですよね。o(*^^*)o
だけど・・実は今ですね、パンタグラフのことも調べているのです・・早く記事にしたい・・そう思っていますが、変な記事にならないようにしなくては・・・。パンタグラフの「がっちゃん・・」の音を聞いて・・たったそれだけで知りたくなったんです・・・。
ありがとうございます。頑張ります・・( ^ ^ )Y 元気になります!

2008/04/26 (Sat) 19:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply