sara

sara

前回までの記事(SL人吉の58654号機のこと)では
その場所での、列車や駅に対しての気持ちは、その中でも書いていたのですが

今回は、列車にのってではなく
田川後藤寺から車で車両を追いかける・・という
私にとっては、人生初の出来事に
たくさんの感動がありましたので
それを少しだけ、書きたいと思いました。

たぶん、みなさんにとっては普通のこと・・かもしれないので
興味のない方は、どうぞスルーしてくださいね。

これはたぶん、私1人だったら無かった光景・・
それは・・・
ハチロク

撮影者の方々は、やはり同じ撮影者の方がわかるんですね。
そして、その日、そこで初めて会ったのに
最初に交わす言葉から、なんていうんでしょう・・
親しみを込めて?というのでしょうか
でも、なれ合いではなく、紳士的・・そう紳士的なんです、みなさん。

田川後藤寺駅で声をかけられた方(私にではないです。)や・・

めがね橋では先に到着してあった方が
後から来た私たちに「(自分の)頭が写りませんか?」と声をかけられて
「大丈夫です・・。」そう答えたのですが、気を遣われたのか
その後に前の方に移動されたのです。

そして、夜明駅では、見知らぬ方が通りすがりに・・
そしてJRの方も「こんにちは。」と言ってくださって

撮影場所を探して、駅周辺をあちこち移動後
ハチロクが到着する少し前に跨線橋の階段から撮影しようということになり
後ろの方に待機していたら、前にいらっしゃった方が
「あなたたちの方が(駅に)先に来ていたんだから、前にどうぞ。」と
声をかけてくださって、びっくり・・。(でも、丁寧にお断りしました。)(^^)

そして「どちらからいらっしゃったんですか?」という話になり
n221kさまとお話しをされてあったのですが
鉄道写真を撮影するということから
その時限りではあっても、このような素敵な交流を
こんなに近くで拝見させていただくことができて
本当に心が温まる思いがしました。

そして、皆様のブログでも
車で車両を追いかけるという様子を写真と記事で拝見し
自分には一生無理だろうな(大袈裟ですが、そうなんです。)と思っていたのですが
まさかのまさかで・・
今回、このような形で途中からハチロクを追いかけながら

鉄道を通して見えてくる、そんな人の心の温かさが
車両と、駅と、そして遠くまで続いていく見えないレールまでも
輝かせてくれたような気がしています。

今回、撮影をご一緒させていただきましたn221kさまには
本当に感謝いたしております。
ありがとうございました。m(__)m

それと・・
これから九州で撮影のご予定の方もいらっしゃる・・ということで・・

九州、本当に良いところですので
みなさま、どうぞ何度でも撮影にいらっしゃてくださいね!

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply