sara

sara

昨夜、記事を書こうと思ってパソコンの前に座って
ここでしばらく立ち止まったままでいました。
(表現が博物館の中にいる状態で書いています。)

大昔に、河川敷から線路を眺めていて見たことがあるような・・
でも、今回はその下にあるもの・・
20161110


カーリターダー(軌道貨車制御装置)
ハンプヤードという言葉は知っていましたが、このようなものがあったことは知りませんでした。
カーリターダーとは、ハンプヤードの頂上で切り離された2軸貨車が通過する際、
両側から貨車の車輪を締め付けて減速させるための装置だそうです。

この装置が使われるのは、押上線から貨車が下りてきて、仕分線に行く前のようです。
そこでギュッと締め付けて仕分けされるその場所へ・・という感じでしょうか。
20161110

時間が無かった・・を言い訳にしてはいけないのですが
とりあえず撮影をして後でゆっくり調べようという気持ちで見ていたので
昨夜、もう一度・・そう思って写真を拡大して見ていたら
どこのどのあたりを挟んでいて、その前後は・・といろいろ気になってしまって
気がつけば30分以上も画面を見つめてしまい
とうとう記事を書くことができなくなってしまいました。(悲しいかな主婦の時間切れ。)

これもまた今度行った時に、じっくりと見たいと思っています。

こうやって一つ一つ記事にしていくと
また行かなくては・・という気持ちがどんどん強くなってきます。

関連記事
Posted by

Comments 8

There are no comments yet.
n221k  

こんばんは。

途中で貨車が止まってしまったり、連結が上手くできなかったりしないように、ハンプヤードの勾配は少し急に設定されているようですね。
貨車1両ずつに作業員さんが添乗してブレーキを掛けると非効率ですし、何より危険が伴うという事で、地上側からブレーキを掛ける方法を考えて、このカーリターダーが作られたようです。

僕はてっきり、仕分けするために転てつ機を操作するための時間稼ぎのために、ブレーキを掛けるのかと思ってました…(^^;;

2016/12/04 (Sun) 21:19 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/04 (Sun) 23:39 | EDIT | REPLY |   
sara  
n221kさま、こんにちは

コメント、ありがとうございます。m(__)m

帰ってきて時間が経って、また写真を見て、
すごいことだったんだ・・そう思っていて
もう一度近くで観察したい、そんな気持ちで一杯になっています。
ハンプヤード・・昔に戻って実際に見てみたかったです。

2016/12/05 (Mon) 12:47 | EDIT | REPLY |   
sara  
匿名様へ

いろいろと教えていただいてありがとうございました。m(__)m

こちらこそ、本当に勉強になりました。(^^)

2016/12/05 (Mon) 12:47 | EDIT | REPLY |   
萬世橋  

こんにちは。
新幹線で博多に向かっています。
今名古屋を出たところです。京都発車後博物館が上手く見えますかどうか…?。

2016/12/05 (Mon) 13:17 | EDIT | REPLY |   
sara  
萬世橋 さま、こんにちは。

コメント、ありがとうございます。

博多に向かってあるのですね。
もしかすると、博多駅前はイルミネーションがきれいかも・・。(^^)/

京都博物館が見えたでしょうか?

2016/12/05 (Mon) 15:23 | EDIT | REPLY |   
萬世橋  
見えませんでした。

デッキで京都から乗車のお客さんをよけたりしているうちに通り過ぎてしまいました。残念。
帰りにまた挑戦してみます。

2016/12/06 (Tue) 00:39 | EDIT | REPLY |   
sara  
萬世橋 さま、こんにちは。

コメントありがとうございます。

お帰りの時に見えたらいいですね!(^^)/

2016/12/06 (Tue) 16:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply