sara

sara

言い訳ではないのですが(でもそうなるかも・・)
今回の京都博物館行きは突然、急に決まったのもあるのですが
事前には、ほとんど下調べをしていませんでした。
それは・・
大宮の鉄道博物館行きの前には、かなり長いこと下調べをし過ぎて
ノートに書き込んで、これは見どころ・・というのを事細かく書きすぎて
それを見ながら一つ一つの車両に時間をかけてしまったので
開館から閉館までいたのに1階で終わってしまったので
今回の京都は、まったくその反対で見学してみようと思ったのです。
今度は閉館までは居られなかったし、その日の夕方に帰らないといけなかったので・・。

心残りはあるとは思うけど、それを次回までの宿題にして・・そんな気持ちで回りました。

プロムナードの続きです。

DD54 
西ドイツの企業との技術提携によるエンジンと変速機を搭載したディーゼル機関車なのですね。
トラブルが多発して短い間しか走っていないそうですが、どんなトラブルだったのだろう・・
今度機関車の本で調べたいと思います。付箋を貼っておいて、またいつか記事にします!
こちらの機関車のいろんなところが気になって、ゆっくり見たかったけどそれはまた今度。
でも、少しだけ・・。
20161110

ドアのところのこちらなのですが、機関士さんが上るために?
それにしてはこんなにたくさんいらないような気もするし・・。
左右に白い手すりもついているからそうでもないみたいな気が・・。
20161110

そしてこちらは↓タブレットキャッチャーでしたよね・・。
20161110

関西に来て、たくさんの103系を見ましたが
今現在も元気に走っているけど、博物館にも展示されています。
20161110

こちらの103系は・・
20161110

一番最初にできたのですよね・・。
20161110


続きます・・。

本当は一気に更新したい気持ちです。
それぐらい、前向きになれた京都行きでした。
記事、書きたいけど晩御飯作らなきゃ。
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
Mc791-1  
タブレット

タブレットキャッチャーでタブレットホルダーを停車せずに受け取るのですが、
キャッチした瞬間にホルダーが暴れ、激しく車体に当たります。
その時の車体傷付きとタブレットホルダーの変形を抑えるための防護用として付けられています。

2016/11/29 (Tue) 17:18 | EDIT | REPLY |   
sara  
Mc791-1さま、こんばんは。

こちらにもコメント、ありがとうございます。m(__)m

あのたくさんの手すりのようなものは
車体傷付きとタブレットホルダーの変形を抑えるための防護用としてつけられたもの・・
こちらもまた、全く考えつきませんでした。
いろいろと教えていただいて本当にありがとうございます。m(__)m
勉強になります。
記事はまだ続きますので、よろしかったらまた覗いていただけると嬉しいです。

2016/11/29 (Tue) 21:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply