sara

sara

どこに行っても、上か下か真ん中か・・の真ん中が抜けて
上か下かしか見ていない私です。(汗)
20161103

このホースみたいなのから出てくるのは 砂じゃないですよね~、位置が違うから・・
なんて言っていた私でしたが、蒸気が出てくるところだったんですね。(違った?)
20161103

こちらは、一緒に見学された方が発見されたんですけど・・・
展示車両のクハネ581の窓は二重なっているけど、窓と窓の間にブラインドが入っているんですね。
20161103

そして、すぐ横についているハンドルを回して開けたり閉めたりしていたみたいです。
写真の窓のハンドルは無くなっていたので・・
20161103

向かい側の窓のハンドルをパチリ・・。
(なぜかというと、ブラインドが見えていたのは、上の写真の窓だけだったんです。)
20161103

久しぶりに、ミニ電車にも乗りました。

閉館間際に・・。
20161103

門司港駅のホームにも灯りがともりました。
20161103

813系に乗って小倉へ。
20161103

そして、乗り換えしながら無事、帰宅しました。

今回も・・・

閉館まで・・・でした。
でも、今回は、お昼過ぎになっていましたから・・。

久しぶりに一気に更新しました。
いえ、今日頑張っておかないと、明日になったら
たぶん、今回の記事が全てお蔵入りになりそうだったので。

11月は今までにないくらい
体力的に大丈夫か?というほど動く予定です。
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
萬世橋  
寝台電車のベネシアンブラインド

こんばんは。

このベネシアンブラインド、降ろしておきながらブラインドをよく角度を水平にしていました。
寝台内に光は入りますが、寝ていれば自分に光が当たらず、停車駅で寝姿を見られることも無い代わりに、夜中目が醒めて身体を起こすと水平方向であれば外の景色が見えて、退屈凌ぎもできました。
これ日中でも同じで太陽光を抑えて景色を見ることの出来る優れものでした。
日本人の創意工夫が結晶した様な車両で懐かしいです。
掲載ありがとうございました。

2016/11/04 (Fri) 23:10 | EDIT | REPLY |   
sara  
萬世橋さま、こんばんは

コメント、ありがとうございます。

実際に乗車されたことのある方のお話しを聞かせていただいて
嬉しく思いました。
ありがとうございました。m(__)m
記事にして良かったです。(^^)

2016/11/05 (Sat) 23:13 | EDIT | REPLY |   
やっぱり鉄道  

おはようございます。
ご無沙汰しております。

2枚目のお写真の管は蒸気が出てくる管でしょうね。
形式は異なりますが、以前秩父鉄道で蒸気を吐いてるところを撮影したのでこちらを見てください^^
http://yapparitrain.blog18.fc2.com/blog-entry-388.html

581系の2重窓は、私も以前「はつかり」に乗った際、発見しました^^「はつかり」なので、583系のほうです。ガラスの間に人工芝みたいなのがあったような…ちょっと記憶が怪しいですが^^;

2016/11/06 (Sun) 06:24 | EDIT | REPLY |   
sara  
やっぱり鉄道さま、こんにちは。

コメント、ありがとうございます。

今、リンク先を拝見させていただきました。
本当です!蒸気が出ていますね。
貴重なお写真を見せていただいてありがとうございました。m(__)m

やっぱり鉄道さまも発見してあったのですね!
今回の窓とブラインドのことでみなさんとお話ができて良かったです。
そして・・記事にしてよかったです。
ありがとうございました。m(__)m

2016/11/06 (Sun) 14:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply