sara

sara

ある機関車の絵本の3ページ目を読み始めた時点で
もう涙腺が緩み始めたので、パソコンの画面が見えなくなるといけないので
先に、記事を書くことにしました。
私は車両にも感情移入してしまうから、もうすでに車両=人=心がある⇒どんな気持ちだっただろう・・
(続きは、後で読もうと思います。)

昨年、関東に向かった時は小倉駅から乗車したので、博多駅に行ったのは
昨日が一年ぶりぐらいではなかったかな。
そう、あの日2015年4月5日、あれ以来、博多駅には行っていなかったのです。

この1年、私も何度も体調を崩して、精神的にも落ち込みながら
正直、今だから書くけど 生きていくってしんどいなぁ・・
そう思うぐらい凹んだ時もあったけど(今もたまに)
頑張って駅に行けば、こうやって気持ちが元気になるんだっていうことを
昨日、また教えてもらったような気がしています。

そして、鉄道って・・やはりその先にはレールだけではなくて
人・・、そう、人の心が見えてくるものだと思いました。

その場で、車両、動かす人、見つめる人、
写真を撮影した人の気持ち、そしてそれが伝わること・・
本当に、いろんな想い・・

元気をたくさん分けてもらいました。

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply