sara

sara

昨年の10月に関東に行く前に
東京駅のことを少し調べていたけれど
あとは、現地で見学しながらでないとよくわからないかも・・
そう思っていたのが、やはり、すごく甘すぎて

猛スピードでバタバタと見て回って
ここでも後悔ばかりしてしまって
帰宅してしばらくは、でも、行けただけ良かったんだと
そう思い込んで、思い込んで・・気持ちにフタをしていました。

そして、鉄道ぺディアのNo2で「東京駅」を見ると
私の心は、一瞬のうちに「のぞみ」に乗って東京へ。

本を見て、そして自分で撮影したブレブレ写真を見て
もっと時間をかけて、北口のドームの3階~1階にかけての
階段の横のレンガづくりの壁面を見たかったなぁ・・とか
ドームの写真、もっとちゃんと撮影したかったなぁ・・とか、いろいろ思いました。

そうそう、東京駅は、「復元」ではなく「復原」なのですね。
そしてそれは、「原型に戻す」という意味があったからということなのですね。

復原→改修などで最初と形が変わったものを元に戻すこと。
復元→失われた建物を再現すること。

目的地に行くまでの気持ち、目の前にした喜び、
そして帰ってきて、その後、時間が流れて・・
でも、一度目に焼き付けたものは
こうやって、また私の心にいろんな感動になって映ってくる。

今日は、こんな遠くにいながら、しかも家の中で
東京駅に触れることができました。

これはちょっぴり苦い思い出なのですが
東京駅はとても大きいので、どうやってというか
どこからどんな風に撮影したらいいのか本当にわかりませんでした。
(今見ても、どれもが中途半端に切れているものばかり・・。)
20151009

しつこいけど・・
(↑本当にしつこい性格。)


また行きたい・・
20151009
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/08 (Tue) 19:55 | EDIT | REPLY |   
sara  
匿名さま、こんばんは

素敵なコメントをありがとうございます。

読ませていただきながら、こちらまでワクワクしました。
おやつの場所が、また素敵・・。v-373←おそばのつもり。
私もまた東京駅に行けたら、同じ場所でおやつにしたいです。

素敵な一日になるといいですね!
またのご報告を楽しみにしています。

2016/03/08 (Tue) 21:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply