sara

sara

ナハネフ22 1
中には作業中のお人形が何体かあって、
当時の様子を再現してあるというので楽しみにしていました。
20151010

でも、中には入れなかったんですね・・。(^^;
なので、窓の外から見てみます。
20151010

レトロな緑色の瓶・・でも気になったのは、その向こうの白い紙。
20151010

1、ゆかたのまま寝台車のそとへおいでになることは、ご遠慮願います。
2、ゆかた及び寝台の寝台のご使用時間は、21時から翌日の7時までになっております。

そのように書いてありました。
そして、その紙の向こうに見えていた人が気になって
20151010

反対側に回って、窓ガラス越しに「こんばんは。」(^^)/
その体制で本を読んでいたら、目が悪くなっちゃいますよ、なんて・・。(^^;
20151010

そうそう、こちらのカーテンなのですが、夜になると閉めていたのかな。
20151010

しゃがんで天井を見てみると、扇風機がついていました。
20151010

Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
萬世橋  
中に入れないんですよね。

こんばんは。

初めて寝台車に乗る子どもたちを見ていて、「寝台車の仕組みがわかって急に大人になった」ような顔になるのが楽しかったので、ちょっと残念に思うことがあります。門司港のクハネが中に入れるのと比べて子どもたちの目の輝きが違うかも知れませんね?。

さてカーテンが閉まっていたかどうかですが、私が乗った時は、“そこにいたお客さんによる”状態でした。
客室まで距離があるので、カーテンが開いていても外の光が邪魔にはならなかったのでは?、と考えています。
※一方で通路のブラインドは解放B寝台、個室寝台を問わず、深夜の時間帯開いているものがあると車掌さんが閉めていました。

理由は自分でもわからないのですが、夜がまだ遅くない時間帯や夜が明けてからは最後部、深夜は解放B寝台車の通路でブラインドを少し開けて過ごすことが多かったです。そして通路から寝台に戻る時はブラインドを閉めていました。

2015/11/06 (Fri) 00:24 | EDIT | REPLY |   
sara  
萬世橋さま、こんにちは

コメント、ありがとうございます。

実は、当日、客車の前にきて入れないって知ったんです。(^^;
ずっと前から、中に入れると思っていたんですね、私。
でも、外からしっかりと見てきました。(^^;

カーテンは、お客様の状態によって・・なのですね。
そして、通路は車掌さんが閉めてあったのですね。

私も一度でいいから乗ってみたかったなぁ・・。(^^)

2015/11/06 (Fri) 14:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply