sara

sara

その音は・・
きっと多くの人の心の中に
希望や夢を与えてくれて・・
時にはそっと癒してくれたんだろうなって・・
そんな風に思いました・・。

そして、どんなに月日が流れても
ずっと耳の奥に残る思い出の音・・。

私は実際に聞くことができなかったのですが
お話しを読ませていただいただけで
列車たちが活躍していたその時代が
目に浮かんでくるような気がします・・・。

私の駅(ブログ)はとても小さくて何もありませんが
そんなところに途中下車してくださって・・・
昔のお話しをひとつ、ふたつ・・残していただけること
・・・とてもありがたいと思っております・・。m(__)m
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply