sara

sara

入場して一番最初に目に入ったのは、蒸気機関車の動輪でした。
広島工場は、昭和18年3月23日に創立以来蒸気機関車工場として
歩み続け、昭和48年9月17日にD51214号の中間検査完了出場を
もって蒸気機関車検修を終了したそうです。

20141025

約30年間に出場した蒸気機関車は、9214両、そして最終定期検修車
D51214号は、この両数の下3ケタと同じ214・・・。
20141025

昭和50年3月に蒸気機関車廃車処分が完了した時に、工場の方々の
お力により最終出場機関車の一部を永遠の記念として残すこととなったそうです。
20141025

最初に動輪を見て、それからプレートの説明を読んだ私だったのですが
下3ケタの数字が同じだったというのは・・・偶然ではなく、まるで運命のような・・
そんな気がしたのは私だけでしょうか・・・。

もう走ることはない動輪ですが、
時を経て・・・私の心を静かに動かしてくれました・・・。
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply