sara

sara

二週間前に用事があって折尾まで出かけたのですが、昼食をとるにはちょっと難しい時間だったので、息子と相談して折尾駅でお弁当を買って自宅で食べることにしました。
折尾といえば、やはり有名なのが「かしわめし」「大名道中駕籠弁当」
2番ホームに向かいながら、今日は小さいほうの「かしわめし」にしようかなと思っていたのですが、透明なケースの中を覗くとこれまでに見たことがないお弁当を発見。
店員さんから一つ一つのおかずの説明を聞いているうちに、私はお気に入りの「かしわめし」から「折尾神楽」という新しいお弁当の方に心が傾いてしまいました。
折尾神楽

折尾神楽
左下は折尾名物かしわめし。あの「かしわめし」のミニサイズのような感じです。その上のご飯は、「赤米ごはん」(古代米。お品書きには少し硬めのご飯と書いてありましたが、食べやすかったです。)
中央は「地鶏の照り厚焼き」(←金箔がのっていました。)と春雨サラダ、そして煮物。とても上品なお味でした。
右側にはエビ、れんこん、オクラなどの天ぷらで、こちらは抹茶塩で頂きました。
はじかみの下に見えるのは「うなぎの蒲焼」。最初は、駅弁にうなぎの蒲焼って合うのかなぁ・・そう思っていたのですが、冷めていても美味しかったので、もう一切れ食べたい・・なんて思ってしまいました。
そして・・右端にちょこっと見えている・・・
折尾神楽
こちらは「豊年団子」。
彩りも鮮やかで、リボンの結び目にはさりげなく稲穂が・・。
折尾神楽
いろいろな味が楽しめて、とても上品なお弁当でした。

ただいま九州駅弁グランプリが開催されているのですが、こちらの「折尾神楽」も参加していたようで、お弁当にこのようなハガキがついていました。
予選のアンケートはがき投票(平成26年1月10日締切)の結果、次の本選(平成26年2月16日)へと進めるみたいですね。
(グランプリ決勝大会は平成26年3月7日)詳しくはこちらのHPをご覧ください。。⇒http://www.jrkyushu.co.jp/ekiben/index.jsp
折尾神楽

お弁当の掛け紙の演目『天神』について。
才能に恵まれた菅原道真は、出世を妬んだ藤原時平の陰謀で九州の大宰府に左遷されてしまいます。
道真は死後天神となって京へ上がり、随身を従え時平を討つという内容だそうです。
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
きゅうかんばあ  

うまそ~
私はビール党ですが、お酒が合いそうな...。
ところで、かしわめしは東京の駅弁大会でも購入することができます。

2013/11/25 (Mon) 20:20 | EDIT | REPLY |   
sara  
きゅうかんばあ さま、こんばんは

コメント、ありがとうございます。m(__)m
折尾神楽・・一つ一つのおかずが上品でとても美味しかったです。
(お酒のおつまみにもなりそうですね。)

駅弁大会でかしわめし・・。(^-^)
なんだか嬉しい気持ちになりました。

2013/11/25 (Mon) 22:31 | EDIT | REPLY |   
tanimoto  
こんにちは

私,東京に住んでおります.谷本と申します.
ブログを拝見いたしました.
2009年12年20日の記事にあります.
この画像http://blog-imgs-37-origin.fc2.com/s/a/r/sararuru17/20091220133512974.jpg
を私用(商用でない,人に見せたい)で使いたいのですが,
よろしいでしょうか?
お返事お待ち申し上げます.

2013/11/29 (Fri) 16:13 | EDIT | REPLY |   
sara  
谷本様、こんばんは

はじめまして。
4年前の記事を閲覧してくださってありがとうございます。m(__)m
>私用(商用でない,人に見せたい)で使いたい・・・
ネットに公開している画像ですので、どうぞ、お使いください。

2013/11/29 (Fri) 22:28 | EDIT | REPLY |   
tanimoto  
こんばんは

ありがとうございます.
なかなかお目にかかれない貴重な画像かと思いました.


2013/12/01 (Sun) 01:56 | EDIT | REPLY |   
sara  
こんばんは (^^)

>なかなかお目にかかれない貴重な画像かと思いました.

そうだったのですね。v-405
ちょうど4年前に新幹線、そして台車のことに興味を持ってしまったので、イベントに行った時に気になった部分を覗き込むように撮影した記憶があります。
撮影が下手な私ですが、今回の写真がお役に立てたこと・・・とても嬉しく思いました。
こちらこそありがとうございました。m(__)m
今現在は公私共に忙しく、なかなかイベントに参加することができないので車両を観察する機会が少ないのが寂しいのですが、今後また時間ができれば車両のいろんなことを調べたいと思っています。

2013/12/01 (Sun) 19:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply