sara

sara

金太郎に会ったのも久しぶり・・・。(本当に何ヶ月ぶりだろう・・・。)
2012年10月13日

ここで、「あれ?」コンテナには、365日全国どこへでも・・・
2012年10月13日

         ところが・・・↓
2012年10月13日
あのコンテナはトンネルを通れないのかなぁ・・・。
2012年10月13日

またまた金太郎。
2012年10月14日

コンテナの後ろのこちら↓は何というのでしょう。
2012年10月14日
枠の中にタンクが入っているような。(落ちないようにするため??)
関連記事
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
紗鞍 雀  

お久しぶりです。間違い

 白と黄色、青のコンテナが特徴的なランテックさんは福岡市に本社がある会社で時代を先取った取り組みが評価されている会社です。
 青函トンネルには火災防止のために熱感知器が備えられており、ディーゼルエンジンを積んだ冷蔵・冷凍コンテナ、ディーゼル機関車、ディーゼルカーは通行禁止になっています。
 なお、機関車の運転席から遠隔操作でディーゼルエンジンを切れる回路がついているコンテナは青函トンネルを通過できます。トラックに乗せてフェリーで運ぶという方法もあります。
 余談ですが、JR北海道のジョイフルトレインであるノースレインボーエクスプレスはディーゼルカーですが、ED79に牽引されて北海道入りします。

 枠付きのタンクコンテナですが、上からトップリフターといった機械で釣り上げるためだと思います。枠がついていれば上に別のコンテナを積み重ねることもできます。
 
 コンテナ列車はカラフルかつ長編成で機関車の音も迫力があり魅力的ですね。数年前まで貨物列車が走らない地方都市に住んでいたので見かけるとつい見とれてしまいます。

2012/10/28 (Sun) 01:27 | EDIT | REPLY |   
sara  
紗鞍 雀 さま、こんにちは

コメント、ありがとうございます。m(_ _)m

>青函トンネルには火災防止のために熱感知器が備えられており、ディーゼルエンジンを積んだ冷蔵・冷凍コンテナ、ディーゼル機関車、ディーゼルカーは通行禁止になっています。

ディーゼルエンジン・・・全然思いつかなかったです。v-405
私は、あのコンテナだけがトンネルを通れないと思っていました。(^^;
そして、機関車の運転席から遠隔操作でディーゼルエンジンを切れる回路がついているコンテナというのも初めて知りました。←すごいですね!

枠付きのタンクコンテナは機会で釣り上げたり積み重ねたりするため・・・本当ですね、考えてみると本当にそう・・・。
いろいろと教えていただいてありがとうございました。m(_ _)m
とても勉強になりました。

最近はあまり遠くまで出かけることがないので貨物列車を見る機会も少ないのですが、ゴーッという音と共にたくさんのコンテナが通り過ぎて行くのを目にしてしまうと、とてもワクワクしますね!

2012/10/28 (Sun) 13:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply