sara

sara

最初に・・。
もうそろそろ投げ出してしまうのでは? 閲覧してくださったみなさんは、もしかするとそんな風に思っていらっしゃったりして・・。(^^;
確かに・・・大した記事でもないのにズルズルと長引かせていますが、これは私の公開ノート
みたいなものなので・・・もう少しだけメモ書きしてゆきたいと思います。

空気碍管 5 が終わったところで、空気碍管 3 に書いていた疑問の答えが
少しだけ見えてきたような気がしました。
EF81 300番代の空気碍管は・・・
その1、昔は、どうして2本ついていたのだろう。
その2、なぜ片側だけだったのだろう。
その3、その後1本になったのは、どうして・・?

※ここから先は、推測ばかりで間違って書いていることも多いかと思います。m(_ _)m

耐寒耐雪装備が省略されていたはずなのに、積雪時でもパンタグラフが上昇するように
空気を送り込む空気碍管がもう1本ついていたEF81 300番代。
それがなぜなのかずっと不思議に思っていた私でしたが、2冊の鉄道雑誌によって、このようなことがわかりました。

「鉄道ファン1989年8月号」交流・交直流電機出生の記録より
※EF81 75~93と同じ発注枠にもう1機種、九州線フレートライナー列車増発用のEF81 301・302が収まっている。
※・・・耐寒耐雪構造は、ほぼ原型を踏襲しているものの若干緩和され・・・・。
j train Vol.30より
※300番代は、外観こそ大きく違うが、基本的な設計・構造は同時期に製造された75号機以降のロットと同じ・・。
これらのことから、設計・構造的には他のEF81と同じだったので、空気碍管も2本ついていたのではないかと思いました。
ここで、「その1」の疑問はチェック・・。←きちんと解決したわけではないのでチェックだけ・・。

次に「その3」ですが、2本あった空気碍管がその後1本になったのは、九州はそれほど大雪にならないので、補助空気シリンダへ空気を送る碍管は必要ない・・・だから1本になったのではないかと思いました。
ただ、ここで少し気になったのは、空気碍管が2本ついていた頃には、実際に補助シリンダが使われていたのかということです。
今現在は空気碍管が1本だけでも大丈夫・・・ということは、昔はどうだったのかなと・・。
でも、九州では、昔は今よりも雪が積もっていたことが多かったような気もするのです。
信じられないかもしれませんが、私が小さな頃は、雪でかまくらを作って遊んだり、体育の授業で雪合戦をした記憶もあるほど・・・。
電車のパンタグラフは、ちょっとの雪でも上がらなくなると聞いたことがありますが、機関車のパンタグラフがどの程度の雪の重みで上がらなくなるのかが私にはわからないので、ここのところはまだ深い疑問のままです・・・。

そして、「その2」の空気碍管 3 で取り上げていました1995年の302号機の空気碍管。
1エンド側が2本で、2エンド側が1本・・・これは、たぶん1本の空気碍管しか必要ないので、徐々に1本にしていた時期だったのではないかという情報をいただきました。
そういえば・・・これは「タブレットキャッチャー」のことだったのですが、昨年の「小倉工場まつり」で 関係者の方からこのようなお話しを聞きました。⇒2011年10月23日「タブレットキャッチャー」
「普通は、検査に入ると必要なくなったものはその都度撤去していく・・・。」
1995年9月・・この当時の302号機も ちょうどそのようなタイミングだったのかもしれないですね。


最後に・・・



これは、2009年11月3日に黒崎駅の跨線橋の上から撮影した302号機なのですが
大きくしてみると、お隣にはもう一つの穴が開いています。
実は、私は「穴」よりも別のところに「あれっ?」・・・そう思ってしまったのです。

空気碍管のこと・・・実は、ここで終わるかと思っていたのですが
もしかするともう少し書いてしまうかも。
でも、ブログでは、これにて終了・・・するかもしれません・・。m(_ _)m
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
Mc791-1  

現在、帰省しております。
実家に置いてある書物を調べていて、多少わかったことがありますので、書いておきます。

1)PS22Aは、基本のPS22に防蝕コーティングしたもの。関門トンネルは海水が直接滴下するので、その対応。

2)FPS22Eは押上シリンダレス
これは私の推測ですが、九州では押上シリンダは使わないので、300番台もFPS22Eに交換したのではないか。
一般的に組立品としてのパンタを、部分的に部品を撤去することは、特殊品を持つことになり、管理上あまりよいことではない。丸ごと交換の方が現実的と思われる。
したがって、富山に行った453~もPS22Aへの換装と思います。
これに伴い、空気碍管も付けたり撤去したりということでしょう。
同時に2基とも施工しなかった理由は、わかりませんが、検査の都合や部品供給の問題かもしれません。

3)PS22のすり板を架線に押し上げる力は、5~5.5kgfに調整する。



>でも、九州では、昔は今よりも雪が積もっていたことが多かったような気もするのです。

確かに、昔は10とか15cmとか積もったことはありましたが、それとて、1日2日程度のもの。北陸や東北のように毎日降り積もることはないので、押上シリンダを使うことはなかったろうとおもいます。


本日も303号機が元気に走ってました。

2012/05/01 (Tue) 22:10 | EDIT | REPLY |   
sara  
Mc791-1さま、こんばんは

本当にお久し振りです。お元気ですか?
そして、今、九州にいらっしゃるのですか???

>PS22Aは、基本のPS22に防蝕コーティングしたもの。

そうだったのですね。v-405
教えていただくまでは、全く気がつきませんでした。
(空気碍管のことで頭がいっぱいだったので・・。)

>FPS22Eは押上シリンダレス

すみませんm(_ _)m 、いろいろとビックリしてしまって、頭の中を整理しながらお返事を書いてもいいですか?(自分でまとめた鉄道ノートを持ってきて、それを見ながら・・。)
実は、調べていた時に、こちらのサイトhttp://suzushiro87.web.infoseek.co.jp/nihonkata/ef81/ef81.htm に、「パンタグラフ 耐雪仕様のPS22Aから押し上げシリンダを無くしたPS22Eへと変更されています。これによりパンタへの空気碍管が1本になっています。」・・・そのように記述されていたのですが、PS22EはもしかするとFPS22Eのことなのかなと・・・そうであれば、Mc791-1さまがお考えになられていることと同じですよね。
(間違っていたらすみません、PS22EのパンタグラフはEH500用・・・になるのでしょうか・・??。)

雪のことなのですが、そうですよね、九州でも昔はよく積もっていましたが、北陸や東北のように毎日降り積もることはない・・・本当ですね。v-276

実は、まだ疑問に思っていることが少しあって・・・。
こちらは私の掲示板なのですが・・・疑問をうまく記事にできなくて、掲示板に書いていました。
(すみません、掲示板のアドレスだけ後ほど削除いたします。)

コメントを残してくださってありがとうございました。m(_ _)m
最近は、なかなかゆっくりと調べ物ができなくて、ちょっとi-195・・でしたが、コメントを頂いたことが刺激になって、また気持ちがi-184i-184i-184・・頑張ろう~・・って上がってきました。
本当にありがとうございました。m(_ _)m

GWの後半は、1日でもいいから電車に乗って出かけたいです・・・。

2012/05/02 (Wed) 18:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply