sara

sara

過去に、娘が883系に乗車して酔ったことがありました。
でも、885系に乗車した時には何ともなかったので
「どちらも同じ振り子式車両なのに、どうしてなのだろう?」
そんな疑問を持ちながら5年の月日が流れてしまったのですが
今回、その件でちょっと気になることがありましたので
少しだけ書きとめておきたいと思います。


まず最初に・・・
883系と885系は、どちらも制御付き自然振り子式の車両です。


車体の形とか車内の内装とかシートのつくりとかも関係するのかもしれませんが
乗り心地といえば、やはり台車の違いなのかな・・そう思って調べてみると
形式は違うけれど台車の外観や寸法などは類似しているそうです。
(883系 DT402K TR402K 、  885系 DT406K TR406K)
だけど、ちょっと気になったのが 885系の空気バネの左右間隔は
883系よりも10cm広いらしいのです。
(885系は、883系よりも急曲線が連続する区間を走行するので
車体傾斜の安定性を高めるためだそうです。)
もしかすると、このことも乗り心地に関係あるのかも・・・。

中途半端な記事ですが、今回はこの辺で・・・。

閲覧してくださったみなさまへ・・・。m(_ _)m
気になったことなどを書きたい気持ちはたくさんあるのですが
体調の関係で以前のようにスムーズに記事が書けず、なかなか更新できない状況です。
今回もどうしようかと悩んだのですが、年明けに このことに触れる機会がありましたので
とりあえず今書けるところまででも残しておこうと思いました。
これからもこのような途切れ途切れの記事になるかと思いますが
メモ書きの気持ちで書いてゆけたら・・・そのように思っています。
Posted by

Comments 8

There are no comments yet.
やっぱり鉄道  

こんばんは。

きっとここの読者は、皆さん承知してると思いますよ^^
気分がいいとき・・・調子がいいときなど、書けそうなときだけで大丈夫ですよ^^

昨年九州遠征時に、885系と883系の両方に乗車しましたが、どちらもある程度の速度で走ってるのに、そこからの加速性能はいいもの持ってますよね。
私は基本酔いには強いのですが、885系でトンネル内での加速時は、少しきましたね。特に夜間の乗車時は、周りが暗くて景色が見えないので、酔いやすいかもですね。

2012/01/16 (Mon) 20:57 | EDIT | REPLY |   
sara  
やっぱり鉄道 さま、こんばんは

ありがとうございます。m(_ _)m
以前は、わからないなりにも車両のことをもっと調べてから記事にしていたのですが、今は体力的にも時間的にも無理な状況で、いろいろと考えると何も書けなくなってしまって・・・。
そして、車両を観察したいと思っても、昔のように頻繁に駅にも行けなくなりましたし、出かけたとしても用事を済ませるのが精一杯・・。
始まりの駅も姿を消してしまい、この場所も終わりにする時がきたんだなって思った年末・・そして年明けでした。
だけど、ある切っ掛けがあって、もう少しだけ・・メモ書きのような感じで綴ってみて、それでもやっぱりダメならその時はきっぱりと終わりにしよう、今はそう考えています。(鉄道博物館に行くまでは書き続けたいです。)

やっぱり鉄道さまも乗車されたことがあるのですね。(^^)
私と娘は、885系だと大丈夫なのですが、883系だと酔ってしまうのですね。
これは私だけが体感したことかもしれませんが、カーブの時に883系は「カクン」とこちらの体も揺れるような感じがしたのです。他の方はそんなに感じないかもしれませんが、私と娘は敏感なのかな・・・。
でも、885系だとあまりそれを感じないのです。(乗車したのは、どちらも小倉~博多です。)
やはりシートの違いもあるのかな・・・。
そして、空気バネの左右間隔の10cmの違い・・・やはり、これはあまり関係ないかな・・。←これはひとり言です・・。
長々とお返事を書いてすみませんでした。m(_ _)m

2012/01/16 (Mon) 21:50 | EDIT | REPLY |   
きゅうかんばあ  

こんばんわ

昔から振り子車両は酔いやすいといわれてきました。 自然振り子から制御振り子付きとなり、酔いは結構改善したといわれています。 今でも酔いにくい車両の傾斜パターンの研究が行われています。 おそらく、傾斜パターンの違いで酔い方に差が出ているのだと思います。

あたしゃ、自律神経が弱いせいか、キハ58系でさえ酔ったことがあるのですが、振り子車両は構えてから乗るせいか、まだ酔ったことはありません。

特に885系は、鉄道車両に興味のないニョーボの評価も高い、東京人にはうらやましい車両です。

2012/01/16 (Mon) 23:17 | EDIT | REPLY |   
sally  

こんばんは

空気ばね・・・
そういえば言われてみると885系は空気ばねが車体から少しはみだしてますね。幅が広いからでしょうか

「酔い」に関しては,持論ですが,気持ちの問題も少なくないと思います。鉄道大好きな私も実は10年ほど前,故郷熊本から湯布院へ行った時,体調が悪いなぁ~と考えていたらまず熊本から久留米までの787系特急つばめで酔い,続いて乗ったゆふ森でも酔ってしまい,せっかくの旅が・・・ということがありました。自分でも787系で酔うなんて考えられません。
空気ばねの間隔と揺れに関係があるのか?気になる所ですね。毎度ですがsaraさまの眼のつけどころには感心です。

2012/01/17 (Tue) 02:24 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/01/17 (Tue) 20:32 | EDIT | REPLY |   
sara  
きゅうかんばあ さま、こんばんは

コメント、ありがとうございます。

>おそらく、傾斜パターンの違いで酔い方に差が出ているのだと思います。
やはりそうなのですよね。

>キハ58系でさえ酔ったことがあるのですが、振り子車両は構えてから乗るせいか、まだ酔ったことはありません。
それでは、今度は私も構えてから乗車しようかな・・。(^^;

私の娘も885系が大好きなのですよ。

sally さま、こんばんは

コメント、ありがとうございます。

>885系は空気ばねが車体から少しはみだしてますね。幅が広いからでしょうか

教えていただいてありがとうございます。m(_ _)m
私、今まで気がつきませんでした。
今週末に過去に撮影した写真を見てみます。(足回りがうまく写っているといいなぁ・・。)

787系とゆふいんの森号で酔ってしまわれたのですね。
私も体調の悪い時は、乗り物に乗れなくて・・。
数年前までは、列車の中で立ったまま・・というのも辛かったほどでした。

空気バネのことは、またゆっくりと調べたいと思います。(^^)

匿名さま、こんばんは

すみません、お返事をありがとうございます。m(_ _)m
しっかりと読ませていただきました。
私も今度撮影に行けたら観察したいと思います。

2012/01/17 (Tue) 21:49 | EDIT | REPLY |   
sally  

再びですが・・・
空気ばねがはみ出しているというか,はみ出さないように車体の裾が少し外側へ曲げられていて空気ばねを隠しているように見えます。すみません書き方がいけなかったです。ちょうど台車の上の部分の裾のみそうなっているのでデザイン上,従来より幅の広い空気ばねを見えないようにしたのではないかと思っています。

2012/01/19 (Thu) 01:26 | EDIT | REPLY |   
sara  
sally さま、こんばんは

詳しく説明してくださってありがとうございました。m(_ _)m

>空気ばねがはみ出しているというか,はみ出さないように車体の裾が少し外側へ曲げられていて空気ばねを隠しているように見えます。

体調が落ち着きましたら、博多か小倉まで行って885系の足回りを見たいと思います。

2012/01/19 (Thu) 21:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply