sara

sara

屋上の「つばめの杜ひろば」で、「列車展望スペース」の他にも列車が見える「展望ラウンジ」がありますよ・・そう教えていただいたので、早速行ってみることにしました。
(実は、ひと足早くグランドオープンに出かけた息子もこの場所は知らなかったみたいで・・屋上から撮影していました。)
(「つばめの杜ひろば」は次の記事で・・。)
 トレインビュースポット 
何かついてる・・。                  ↑にも↓にも・・・。(・・?!??
 トレインビュースポット 
なんと、車両銘板でした。
 トレインビュースポット 

ガラス越しですが、列車の発着の様子を楽しむことができます。
 トレインビュースポット 

居心地の良い色合いですよね。窓と反対側には大きな鏡があって、
鉄道の絵が掛けられていました。
 トレインビュースポット 

蒸気機関車の模型や本などが入っています。
 トレインビュースポット 

これは寝台特急「あさかぜ」の・・。
博多シティ
上の方に、逆さまだけど、漢字の「山」かな?。そして、⑭・25・・・?オハネ15-120?・・そのように書いてありました。((・・???私の勘違いかも・・・。)
※ m(_ _)m  画像は下書き保存にしております。


この場所からは、このように見えますよ・・・という感じで・・。
言い訳ばかりで申し訳ありません・・m(_ _)m 。
私が撮影した写真・・怖いくらいに全部傾いているんです・・・。( p_q) 
展望ラウンジ
私って平衡感覚・・無いのかも。
展望ラウンジ 展望ラウンジ
高いところから撮影したことってあまりないから、なかなか感覚がつかめないというか・・。
展望ラウンジ 展望ラウンジ
練習しなくちゃ。
展望ラウンジ 展望ラウンジ

こちらの場所は、9階の「T・ジョイ博多」(映画館)の中を通ってすぐ左。
「展望ラウンジ トレインビュースポット」の表示が出ています。
余談
屋上でも頑張ってきましたが・・・俯瞰撮影って・・私には難しいです・・。
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
鉄なおじさん  
オハネ15-120???

こんばんは。
エスカレーターのスポーク動輪(カウンターウェイトも付いているので、間違いなく蒸気機関車の動輪をモチーフにしてますね)や、展望ラウンジの車輌銘板、お守りの横の木製?の機関車など、おもしろいもの満載ですね。
あさかぜの幕ですが、オハネ15-120って、なんでしょう???
Wikipediaの14系客車のページを見る限りでは、そんな番号の車輌はないんですけれど。謎だ・・・
ヘルマン・ルムシュッテルのことは、知りませんでした。また一つ勉強になりました。
私も博多に行きたくなりました。
(あれ、鉄道神社にも動輪が!!)

2011/03/08 (Tue) 21:32 | EDIT | REPLY |   
sara  
鉄なおじさん さま、こんばんは

エスカレーターのあの部分は、やはり蒸気機関車の動輪をモチーフにしてあるのですね。
屋上の「つばめの杜ひろば」なのですが、お伝えしたいことがまだまだたくさんあるのです。
つばめ電車・・にも奥深いものがあるような気がして・・後日記事にいたしますね。

オハネ15-120・・私も何度も検索して調べてみたのですが、どこにも無くて・・。(・・?!んっ??
もしかすると、15-120?←ここに数字が入るとか??いろいろ考えてみたのですが・・やっぱり(・・?!??・・。謎ですね・・。

ヘルマン・ルムシュッテル・・・九州鉄道の建設を指導し、経営上でも助言を与えた方なのです・・。
レリーフには、「九州鉄道建設の恩人」・・・そのように書かれていました。

鉄道神社にも動輪がありますね。(^^)実は、他の場所にもあるので、後日また画像をアップいたしますね!
いつの日か、新しくなった博多駅にいらしてくださいね。
コメント、ありがとうございました。m(_ _)m

2011/03/08 (Tue) 22:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply