sara

sara

1月14日の新聞に、このような記事が掲載されていました。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/220799新聞から

2006年8月、2009年2月にも「現駅舎を保存の方向へ・・。」という新聞記事がありました。
直方駅20 20110123

当時の記事を読んで共感した私は、こちらのブログで
直方駅20 20110123

このような記事を書きました。
http://sararuru17.blog80.fc2.com/blog-entry-599.html

どうか
直方駅20110125

良い方向へと
直方駅20110125

進みますように・・。
直方駅20110125


ここからの写真は、2006年に撮影したものです。

駅の様子が変わってしまう前に、訪れてよかったと思いました。
直方駅2006年
そして、
ある切っ掛けからでしたが、撮影することができてよかったと・・心から思いました。
直方駅2006年

あの跨線橋も、私の写真の中では 昔も今も・・そのままです・・・。
直方駅2006年

駅・・・素敵な想い・・・。

本当にそう思います。
Posted by

Comments 6

There are no comments yet.
schnitzer  
何度もすみません!

現駅舎が保存されるとのこと。安心いたしました。

2011/01/24 (Mon) 01:19 | EDIT | REPLY |   
sara  
schnitzer さま、こんばんは

こちらにもコメント、ありがとうございます。m(_ _)m

今の段階では、現駅舎は取り壊される予定らしいのですが、市は玄関部分に限って保存の是非を検討しているそうです。(なので、現駅舎が保存されるかどうかはまだ決定していないようです。)
1月14日の新聞記事には、駅舎を保存するために、直方文化遺産研究会の方々が署名活動を始められるということが書いてありました。
(現駅舎を観光協会の施設や地元に伝わる焼き物の資料館として活用するよう市に要請されるそうです。)http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/220799

いつの日か、schnitzer さまが直方にいらっしゃる時にも、この写真のままの駅舎が残っていますように・・・そう願っております。

2011/01/24 (Mon) 22:04 | EDIT | REPLY |   
ベルニナ  

こんばんは。
そうですか...いよいよなんですね。
ただただ、もったいないと思いました(^^;)
(完成間近の新駅舎はどんな感じなのでしょうね)
都市計画はいろいろな人たちの思惑や利害が複雑に絡むので、なかなか理想的には進まないものですが、
せっかくの先人たちからの遺産、なんとか活かす方法をみんなで見つけて欲しいと感じました。
「駅」として機能しているうちに、この駅舎に会いに行きたかったです..

2011/01/25 (Tue) 23:01 | EDIT | REPLY |   
sara  
ベルニナさま、こんばんは

お返事が遅くなってすみませんでした。
コメント、ありがとうございます。m(_ _)m
できることならば、定期的に駅周辺の様子を見に行きたいと思っているのですが、なかなかそれができなくて・・・。
今度訪れた時には、驚くほど変わっているかもしれません・・。

現駅舎がそのままの形で保存されるといいなと・・・思っています。

いつか直方駅にもきてくださいね。(^^)

2011/01/27 (Thu) 17:33 | EDIT | REPLY |   
やっぱり鉄道  

こんばんは。ご無沙汰しております。
利便性や都市開発などにより、古いものが淘汰されることが多いですが、出来ることなら共存共栄させてもらいたいですよね。特にこの直方駅は、博多駅から移築された建造物なので、それだけでも貴重な歴史建造物ですね。最終的には、なんらかの良い方向で答えが出ることを期待します。

来月の九州遠征では、時間を作って直方駅に訪問できれば・・・と思っています。

2011/01/27 (Thu) 22:35 | EDIT | REPLY |   
sara  
やっぱり鉄道 さま、こんばんは

お久しぶりです。

>直方駅は、博多駅から移築された建造物なので・・・

実は、移築説に関しては「博多駅」と「小倉駅」があるのです。
http://sararuru17.blog80.fc2.com/blog-entry-98.html

この件に関しましては、私もいつかまた調べてみたいと思っています。

2011/01/29 (Sat) 22:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply