FC2ブログ

私の小さな鉄道ノート  

・・・

Archive2010年12月 1/2

2010年

早いもので、もうすぐ2010年も終わろうとしています。(この記事を書いている時点ではあと1日ですね。)今年はいろんなことがありすぎて、とても大変な一年でしたが、仕事から離れて一息ついたとき、そして通院の合間に・・・“鉄道”という趣味が私を支えてくれました。前回の記事にも少し書きましたが、鉄道は今の私にとって、生きがいに近いものとなっています。そして、「駅・・・素敵な想い」を閲覧してくださったみなさまへ。...

  •  7
  •  0

輸入電気機関車たちにあいたい・・・

大正時代にやってきた輸入電気機関車たちは、外観だけでなく機構的にも様々な個性がありました。精巧なつくりのために、修繕や保守が大変だった機関車もあれば・・・優秀で保守が容易な機関車だけど、いざ運行が始まると故障が多く発生してしまったり・・・。でも、車体の形状や強力な牽引力を引き出す棒台枠方式や高速度遮断器などは、その後の国産機関車を製造するために更に改良され優秀なものへとつながりました。(ここで、“...

  •  4
  •  0

ED17とED18

★追記いたしました。今回の記事は、とても読みづらいかもしれません。もしも閲覧してくださった方がいらっしゃいましたら、本当にすみません・・。m(_ _)m 大正11年には、サンプル機としてアメリカやヨーロッパから電気機関車が輸入されましたが(東海道・横須賀線の電化用)、それぞれに個性や特徴があったそうです。   その中でも優秀で保守も容易だったのが、イングリッシュ・エレクトリック社製の1030形(ED13形)だった...

  •  2
  •  0

国産電気機関車誕生まで(峠の歴史そして・・・追記)

※2015年10月31日追記しました。「電気機関車が好き」の記事の中でも少し触れていましたが、2008年10月25日の「峠の歴史そして・・・EF63その2」の追記・補足としてこちらの記事とリンクさせることによってこれから先の記事へと繋げてゆきたいと思っています。※もしよろしければ、上記の過去記事(峠の歴史そして・・・)と一緒に閲覧していただけるとありがたいです。 国鉄最難所と呼ばれていた急勾配区間の碓氷峠。当時、アプト...

  •  6
  •  0

最初の切っ掛けは、軸重移動防止装置から

追記・1枚目の画像は差し替えました。(こちらの画像の方が棒がよく見えるので。) クリスマス・イブなのに、内容はやっぱり・・・電気機関車です。どうして電気機関車の最初の最初から調べることになってしまったのか、その切っ掛けはED76の台車を見た時のこの棒からでした。↓こちらは2009年10月25日撮影のED76 1011の台車。みなさんはご存知ですよね。私は2ヶ月ほど前にやっと気がついて、それからずっと(・・?!??・...

  •  4
  •  0