FC2ブログ

私の小さな鉄道ノート  

・・・

Archive2010年09月 1/3

旅立ちの鐘/幸福の泉

過去に門司港駅を訪れた方がこの写真をご覧になられたとしたら・・・「あれ?」・・・そう思われるかもしれません・・・。(ちなみに・・2009年5月の写真はこちら・・・です。)それは・・・...

  •  4
  •  0

かんもん号(オハフ33 488)の中へ・・・

前回の記事の「かんもん号」の続きです。昨年(2009年)の5月に訪れた時は、中には入れませんでした。外から見てもとてもきれいになっているので、少しドキドキしながら・・・入ります・・。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ、洗面所です。 蛇口とか、洗面台は当時のままのものなのかな・・・そんな感じがしますが・・。(ハンドソープが置いてあるということは、ここは使え...

  •  2
  •  0

かんもん号

その車両にあうために、潮風号に乗りました。風がとても心地よかったです。 私のお気に入り・・・・。トンネルの中に入ると、本当にきれい・・・。(門司港にお越しの際は、是非乗車してくださいね。)そして、終着駅。車両には 「かんもん号」・・・素敵な愛称がつけられていました。2年前の夏、別の場所で見た時のことを考えると、まるで夢のようでした。そして今・・・車内からこんな風に海を眺めることができるなんて・・・...

  •  4
  •  0

2010年9月25日門司港にて ED76・・・そして

前回の記事の続きです・・。気がつけば本当にたくさんの人、人、人・・・(私もその中の1人です。)(^^;下の2枚はホームで撮影したのではなく、0哩標の左右の空いたスペースから・・。決して変なところから撮影したのではありません・・。(^^) 後ろから撮影するにはどうしたら・・・(・・?!??とりあえず、勘に頼って手を伸ばして撮影・・・。画面・・ほとんど見えてない・・。 後ろを振り向くと・・人と人の間に...

  •  3
  •  0

2010年9月25日 門司港駅にて ・・・客車のこと 

私が門司港駅に着いた時には、カメラを持って準備してあった方は2~3名ほどでした。改札口の方を見ても、その反対方向も・・・いつものような静かなホームの様子・・・だったのですが、10分経つごとにホームには人がいっぱいになってきました。(緊張・・というより、人が多くなればなるほど柱のカゲに隠れたくなってしまう気持ちになる私です・・。) 「きたぞ!」っていう声がどこからともなく聞こえたと共に、気がつくとホ...

  •  4
  •  0