私の小さな鉄道ノート  

・・・

Categoryパンタグラフのこと 1/5

EF200のパンタグラフ

シングルアームのパンタグラフの形は、すべて同じだと思っていたのですが、EF200はちょっと違うので、それはどうしてなのかとここ数日間ずっと考えていました。本には、「・・新技術、新機軸を採用し・・。」ぐらいしか書かれていなくてどうしてあの形なのか・・・そして、パンタグラフのつくりはどうなっているのかということまでは詳しく書いてありません・・・どうしたらいい??・・・で、ネットで検索するとEF200は、定格...

  •  -
  •  0

パンタグラフのこと(電気機関車)  空気碍管 6

最初に・・。もうそろそろ投げ出してしまうのでは? 閲覧してくださったみなさんは、もしかするとそんな風に思っていらっしゃったりして・・。(^^;確かに・・・大した記事でもないのにズルズルと長引かせていますが、これは私の公開ノートみたいなものなので・・・もう少しだけメモ書きしてゆきたいと思います。空気碍管 5 が終わったところで、空気碍管 3 に書いていた疑問の答えが少しだけ見えてきたような気がしました。...

  •  2
  •  0

パンタグラフのこと(電気機関車)  空気碍管 5

 空気碍管 1 、空気碍管 2、 空気碍管 3 、空気碍管 4 の続きです。前回の記事の終わりにも書いていましたが、私の間違ったままの推測も含めてこれまでの考えを少しだけまとめてみます。(ごちゃごちゃになった頭の中を整理する・・・そのような感じです。)まず最初に・・・空気碍管 2の中で、私はEF81のパンタグラフのほとんどがPS22だけど300番代は PS22A そして、450番代は FPS22E・・・450番代機は、耐雪装備省...

  •  2
  •  0

パンタグラフのこと(電気機関車)  空気碍管 4

空気碍管 2 では、EF81 450番代機は、耐雪装備省略で空気碍管が1本だけになっている・・ということを書いていましたが、その後頂いた情報で、2007年に富山機関区に移動した453、454、455号機の空気碍管は2本ついているということを知りました。そこで、私も早速検索して調べてみると、いろんなサイトにアップしてある画像で確認することができました。。(もしも画像で確認したい方がいらっしゃいましたら、「EF81 453 454 455...

  •  0
  •  0

パンタグラフのこと(電気機関車)  空気碍管 3

「空気碍管 1」、 「空気碍管 2」の続きです。最初に、今回の記事を書くにあたって、1995年にONDA201さまが撮影された302号機の写真をお借りいたしました。 ありがとうございました。m(_ _)m 1995年の302号機の写真を見て、私がビックリしてしまった理由は・・・おなじ日に撮影された二つのパンタグラフの空気碍管の数が違っていたからだったのです。「1」(機関車の車体の下の方に書いてある数字)のパンタグラフの空気碍管が...

  •  0
  •  0