sara

sara

前記事の中のこちらの写真の連結器周辺のことなのですが
やっと、それが何なのかがわかりましたので、今回は
このことを書きたいと思います。

先日、ある方からこの件に関しての情報を教えていただきました。本当にありがとうございました。m(__)m

20141018

私は、連結器の両わきにあるバネのことばかりに目がいって
その上に何かをのせるのでは・・なんて書いていましたが
実は、この連結器付近のものは、「胴受け装置」だそうです。

ここから先は、教えていただきました資料を参考にしながら
記事を書き進めたいと思います。

「胴受け装置」・・実は、私は一昨日まで、どこが胴の部分
なのか、そしてこれがどんな役割をしているのかが全く
わかりませんでした。

そして、
連結器・・私はこれまでは繋げることしか頭になかったのですが
切り離した時にこの連結器はいったいどうなるのか・・なんて
今回のことがなければ気がつかないままだったかもしれません・・。

連結された車両を切り離す時、その下に何もなければ
解放された連結器は自重によって下に落ちようとしますよね。
そうならないために支持しているものが「胴受け装置」だったのです。

このまま続けて書きたいのですが、ちょっと体調がよくないので
続きはまた後ほど、次の記事へと繋げます・・。m(__)m
(本当は一気に書きたいのですが、ちょっと無理なので。)


それから・・・
このブログは私のノートのようなものなので
鉄道に詳しい方が閲覧されるとお怒りになられることも
あるかもしれませんが、そこのところはどうかご了承ください。
平凡な主婦ですが、自分では鉄道と真面目に向き合っている
つもりですので・・。
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply