sara

sara

貨車が展示されていた後ろの建物には
鉄道博物館がありました。
20141025

20141025

20141025 20141025

ちいさな博物館には、たくさんの見学者の方が
いらっしゃったので、急いで見て回ります・・。
20141025

でも、これはちょっとだけ長く見つめてしまいました。
電気機関車の汽笛。
なかなかこんなに近くでは見ることができませんよね。
昔から現在の最新機関車まで長い間形が変わっていない・・
たぶん、この形がいちばん・・ということなのでしょうね。
20141025

あれ・・、記事を書いている途中で・???
ちょっと検索します。
上の二つが前照灯(一番上もですよね。)
下の二つが尾灯。
20141025

20141025

イベント会場内は、これでひと通り回ったと思います。
それでは、急いで駅に向かわなければ・・・
20141025

ところが・・・


そんなに曲がりくねった道でもなかったのに、
途中で道が二つに分かれていて
(行く時は、必死で前の方々についていった感じだったので
本当に全く覚えていない・・みたいな。←本当に重症。)

慌てて走って(帰れなくなったらという不安)前を見ると
ずっと向こうに数人のイベント帰りらしき方を発見・・・。
見失わないように、駅までの道のりを急ぎ足で進みました。
20141025

そして、無事に矢賀駅から広島駅へと
向かうことができた私です。
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
萬世橋  
さようならセノハチ

こんばんは。

小さな博物館の画像も楽しませて頂きました。試運転にもヘッドマークがあるのですね♪。
そして乗る機会はありませんでしたが、アイデアに惚れ込んでいたカートレインのヘッドマーク、本当に当時が“古き佳き時代”になってしまいました(>_<)。
更にセノハチ…、
東に向かう夜行列車がセノハチを通る時は独特の音になりましたので、下関に次ぐ“旅の夢から覚めるスイッチ”になっており、卒業乗車の折もセノハチまでは起きていました。

ナンバープレートだけになってしまったかつてのツワモノたち、そして私も夜行列車の“セノハチサウンド”を聴くことができなくなりました。
本当に懐かしく楽しませて頂き、ありがとうございました。

2014/11/13 (Thu) 23:19 | EDIT | REPLY |   
sara  
萬世橋さま、こんにちは

コメント、ありがとうございます。
試運転・・もなのですが、更新施工のヘッドマーク・・これは機関車が更新された時につけるヘッドマーク・・?なのですよね・・。
いろんなヘッドマークがあるのですね。(^^)

セノハチを通る時の音は独特・・・素敵ですね、思い出の中に音が残るのですね・・。

広島のイベントの記事は今回で終わりですが、広島駅と博多で少し・・車両を撮影しているので、それをアップして・・・その後はまた下関のイベントに戻ります・・。(^^;
よろしかったら、お時間のある時にまた覗いてみてくださいね。(^^)/

2014/11/14 (Fri) 13:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply