sara

sara

志免のSL、玖珠へ 町、解体から一転無償譲渡・・・詳しくはこちら⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/72384

昨日の新聞の記事では、直方市で修復作業が開始されたということです。


旧国鉄時代に長崎線や唐津線を走った1919年製造の蒸気機関車(96型)が解体されることなくその姿を残すことができたのは
たくさんの方々の協力があってのことなのですね。

たとえもう走れなくても、その姿だけで歴史を伝えることができる・・・。
その姿だけで。


Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
萬世橋  
旧志免駅の29612号機

ご無沙汰しております。
29612号機の整備、嬉しいニュースをありがとうございます。
およそ2年前、錆で塗装が浮き上がり、朽ちかけた姿が痛々しかったのを覚えています。
それがピカピカに蘇る♪。
志免の遺産・縦坑と共に未来に大切に残して欲しいですね。

2014/04/13 (Sun) 23:28 | EDIT | REPLY |   
sara  
萬世橋さま、こんばんは。

お久しぶりです。m(__)m

>29612号機の整備、嬉しいニュースをありがとうございます。

こちらこそ、嬉しいコメントをありがとうございます。m(__)m
萬世橋さまは2年前に29612号機をご覧になられていたのですね。
傷んでいた車体は、直方のSL愛好家団体のみなさんが修復整備されるそうで、年内には旧豊後森機関庫の公園に移設予定・・新聞にはそのように書いてありました。(^^)
私もいつか29612号機を見に行きたいと思っています。

2014/04/14 (Mon) 21:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply