2010年
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

2010年

7
早いもので、もうすぐ2010年も終わろうとしています。(この記事を書いている時点ではあと1日ですね。)今年はいろんなことがありすぎて、とても大変な一年でしたが、仕事から離れて一息ついたとき、そして通院の合間に・・・“鉄道”という趣味が私を支えてくれました。前回の記事にも少し書きましたが、鉄道は今の私にとって、生きがいに近いものとなっています。そして、「駅・・・素敵な想い」を閲覧してくださったみなさまへ。...
輸入電気機関車たちにあいたい・・・
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

輸入電気機関車たちにあいたい・・・

4
大正時代にやってきた輸入電気機関車たちは、外観だけでなく機構的にも様々な個性がありました。精巧なつくりのために、修繕や保守が大変だった機関車もあれば・・・優秀で保守が容易な機関車だけど、いざ運行が始まると故障が多く発生してしまったり・・・。でも、車体の形状や強力な牽引力を引き出す棒台枠方式や高速度遮断器などは、その後の国産機関車を製造するために更に改良され優秀なものへとつながりました。(ここで、“...
ED17とED18
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

ED17とED18

2
★追記いたしました。今回の記事は、とても読みづらいかもしれません。もしも閲覧してくださった方がいらっしゃいましたら、本当にすみません・・。m(_ _)m 大正11年には、サンプル機としてアメリカやヨーロッパから電気機関車が輸入されましたが(東海道・横須賀線の電化用)、それぞれに個性や特徴があったそうです。   その中でも優秀で保守も容易だったのが、イングリッシュ・エレクトリック社製の1030形(ED13形)だった...
国産電気機関車誕生まで(峠の歴史そして・・・追記)
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

国産電気機関車誕生まで(峠の歴史そして・・・追記)

6
※2015年10月31日追記しました。「電気機関車が好き」の記事の中でも少し触れていましたが、2008年10月25日の「峠の歴史そして・・・EF63その2」の追記・補足としてこちらの記事とリンクさせることによってこれから先の記事へと繋げてゆきたいと思っています。※もしよろしければ、上記の過去記事(峠の歴史そして・・・)と一緒に閲覧していただけるとありがたいです。 国鉄最難所と呼ばれていた急勾配区間の碓氷峠。当時、アプト...
最初の切っ掛けは、軸重移動防止装置から
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

最初の切っ掛けは、軸重移動防止装置から

4
追記・1枚目の画像は差し替えました。(こちらの画像の方が棒がよく見えるので。) クリスマス・イブなのに、内容はやっぱり・・・電気機関車です。どうして電気機関車の最初の最初から調べることになってしまったのか、その切っ掛けはED76の台車を見た時のこの棒からでした。↓こちらは2009年10月25日撮影のED76 1011の台車。みなさんはご存知ですよね。私は2ヶ月ほど前にやっと気がついて、それからずっと(・・?!??・...
電気機関車が好き 
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

電気機関車が好き 

4
鉄道に興味を持ち始めてこのブログを開設して、駅のホームやイベントなどで出あった車両たちのいろんなところが気になって、それまではその部分だけを調べて記事にしてきた私ですが、数ヶ月前にある機関車の足回りを見ていて気になるものを見つけて・・・そこからどんどん広がって、気がつけば時代を遡って国産の電気機関車が産声をあげるまで、そしてその後どのような歴史を経て今現在に至っているのかを知りました。調べてゆくう...
さくらのお弁当
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

さくらのお弁当

2
今朝、新聞に目を通していると・・・来年から、「九州新幹線さくら弁当」が小倉駅と博多駅で販売されるそうです。詳しくはこちら⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/216923食べ終わった後の容器は、お弁当箱として使えるそうなので今からとても楽しみにしている私です・・。...
大どんでん返しの12月 (ちょっとだけ近況報告)
No image
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

大どんでん返しの12月 (ちょっとだけ近況報告)

3
やっと記事を書く気持ちになれました。この12月は、私にとって・・ちょっとだけ(本当は大きいけど)寂しいものになってしまいました。...
門司港にて・・・(いろんなこと)
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

門司港にて・・・(いろんなこと)

5
先月の終わりの出来事ですが、いろんなことを思いながら出かけた1日だったので、少し書きとめておきたいなと思いました。そして、今も先月のままの忙しい状況であったなら、たぶん今回の写真もお蔵入りだったと思います。(すべてに余裕が無かったので。)写真のことを含めて、本当に、いろんなことです。今回の記事は、気分的にお散歩のような・・・そんな気持ちで書いています。(お散歩が終わったら、いろんな意味で再起動。)...
時間
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

時間

0
私は、「時間」というものをとても大切に感じています。その「時間」というものは、いろんな意味での「時間」です。時間・・それはもちろん時の経過も意味しますが、その受けとめ方は個人個人で違うものです。私は自分の「時間」が大切だからこそ相手の「時間」も大切にしたい・・そう思っています。記事本文と今回の写真は関係ありません・・・。...
オハネ15-1122
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

オハネ15-1122

4
右に見える丸いものは・・・温度計。通路を歩いていた時には、何なのかわからなかったのですが窓の下にある四角いの・・・椅子だったのですね。(手前に引くと椅子になるようです・・。)スハネフ14と違うところは・・・あ、あった・・。実は、何かなと思って触った瞬間に、バチッ なんと静電気が!それからもう触れなくなりました・・・。( p_q) 検索してみると・・・こちらはミニテーブルみたいなのですが、位置的にちょっと・...
オロネ15-3006
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

オロネ15-3006

7
2010年12月3日 追記しました。夢は続きます・・。 何もかもが本当に初めてです。ドキドキしています。                あ!本で見たドアロック・・。 本当に、本当の個室です・・・。 ここから座って見る景色はどんな感じだったんだろう・・・。できることならば乗ってみたかったなぁ。お隣のお部屋も覗いてみました。水周りの関係でしょうね逆向きになっています。鏡の下にはコンセントがありました。←電気カ...
スハネフ14-101・・続き
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

スハネフ14-101・・続き

0
前回のスハネフ14-101の記事の続きです。前記事で、スハネフ14-101は24系からの改造車・・ということを教えていただいたので、少し調べてみました。ここで・・私は14系と24系の違いを少しだけおさらいします。(もしも間違っていたらすみません。)14系は床下に発電機があって、24系は(床下じゃなくて)電源車に積んでいます。←これがカニですよね。ということは、24系を改造する時に床下に発電機を取り付けて14系にした・・とい...